海外さばいばる in ベルギー

海外さばいばる歴うん十年のママ達が、日々ぶち当たるハーフっ子、ガイジン夫とのバトル、異文化の同僚や隣人とのコミュニケーション、はたまた日本語教育、欧州旅行、海外生活情報にいたるまで!海外でさばいばるするのに知りたいことから知りたくないことまで井戸端会議の徒然をつぶやくブログです

銀行



みなさん、ちょっとお茶しにいったり、飲み会の時、割り勘ってよくしますよね。

「あー、今ピッタリないわー。20ユーロでおつりある?」

とか、

「ごめーん、5ユーロ全部コインで払ったら、ちょっといや?」

「あーん、次回13ユーロ払うわ。。」

など、とかく割り勘は面倒がつきものですよね。

しかーし、ベルギーの今どきの割り勘はめっちゃスマートで便利なのです。(勉強不足なので、他のヨーロッパの国や世界のどっかでは、もっと技術が進んで便利な国もあるかもしれませんが、悪しからず。。私は最近これを使いだしてめっちゃ感動し、さらに、少なくとも私が知ってる限り、日本より先いってるぞーーと、思ったので書かせていただきます!)

では、さっそく割り勘シミュレーション


たとえば、私とのなちゃんが、カフェに行きました。

「あー、私の分もコーヒーまとめて頼んでくれる?」

となりますね。そして、楽しくお茶の時間を過ごし、じゃ、そろそろ行く?となり

「あ、さっきのコーヒー代払わないと。。いくらだった?」となります。

「2.3ユーロだった・・」

最近では、カードで支払いなどがめっきり多くなってきており、現金というもの自体をあまり持ち歩かない時代になってきてますよね。そんな時代になかなか2ユーロ30セントをぴったり持っていることはないわけですよ。

でも、IT化、デジタル化の発展が著しいベルギーでは、こんな「ピッタリない問題」とは無縁の素晴らしい銀行アプリが発達しています。



①まずは携帯にダウンロード済みの銀行アプリを開きます。マイバンクはING銀行。











②次にログインします。。すると、このように、銀行窓口や、PCのオンラインでやるような操作のアイコンがほぼすべて出てきます。

例えば、残高照会や振り込み、窓口の予約なども携帯で一発です。

このBANCONTACTといのは、デビットカードのことですね。お買い物の支払いに使います。今回はここを使って。。











③携帯から誰かに支払いたいのか、誰かからお金を受け取りたいのか選びます。

今回は、のなちゃんから、お金を受け取りたいので、RECEIVEのほうを選びます。











④受け取りたい金額を入力すると、このようにQRコードが現れて。。

で、のなちゃんがこのQRコードを、のなちゃんの携帯で読み取ると、「あっ」という間に支払いが完了!となるのです。











反対に誰かに支払いたい場合は、PAYを選んでQRコードを読み取ると、3秒くらいで支払いが完了!








ね、これすごいでしょ。これで割り勘とか、ほんとスマートなんですよ。小銭とかいらないし、その場であっさり完結。後日返すねーって言って忘れたり、金額間違ってたりという、トラブル、ゼロなんです。こんなシステム、日本とかでまだみんな使ってないですよね。。ベルギーってちっさい国ですが、けっこうIT関係は先をいってるらしく、こんな便利なシステムがどんどん増えてる感じです。

この前、マルシェの出店でオリーブを買ったんですよ。カードで支払えますか?って言ったら、カードで支払いは出来ないけど、この銀行アプリを使ってなら支払いオッケーってことだったので、出店のお兄さんが、このQRコードを私に見せて、私は、自分の携帯でQRコードを読み取り、支払いを済ませました。。ほんと、便利なシステムです。


Crepe

Crepe




最近携帯でできることがほんとに増えてきて、生活全般携帯命。。になってます。となると、ANちゃんみたいに携帯無くしたり、落としたりしたときを考えると、こわーーっ。一時帰国、まさかの携帯紛失。

携帯のバックアップは、定期的にしておきましょう!



↓↓↓ リンクも押してね! ↓↓↓



こんにちは、クレープです。何年もヨーロッパに住んでると、たいていのことは許せるようになれます。バスや電車が定刻にこなくても、はたまた、時間より早く行ってしまっても、水道工事の人が朝10時に来ると言っておきながら、夕方4時に来ても、レジのおばさんが何人並んでても、隣の同僚と、「いやぁ、今日何時あがりぃ??」なんて楽しくおしゃべりしてても。。。もう腹が立つどころか、「あらー、今日は早番16時上がりなのね、この人」なんて微笑みながら思える境地にまで達するものです。。

・・・と思っていたのですが、コロナで人との交わりが極端に減っていたこの1年強、知らず知らずの間に、仏の境地に達していたと思っていた耐性が弱まっていたようで、今日は久々に、こらーーーっと怒りがこみ上げ、ベルギーあるある出た~って事件があったので、ご報告。

銀行から呼び出し?


楽しい日本から帰ってきてテンション低めで、いない間に届いた、手紙やらなんやらを開封してると、何か銀行からお手紙。たいてい大した内容じゃないので、斜め読みして、ビリビリ、ぽいっ!という流れなのですが、何だか今回は内容が深刻そう。。

「8月13日までにxx支店に予約とって、新しい口座を開く手続きをしてください。さもないと8月31日に積み立ての取引を停止させていただきます」

ん?なんかけっこう物騒な内容。。さらに13日ってもう過ぎてるし。。ビリっといきそうになったけど踏みとどまり、ダンナに

「ねー、これってなんか重要?」

(ダンナ、手紙読む。。)

「なんだこれーー!見りゃ、わかるだろ、重要だろ、予約とらないとーっ!今日何日だ??ん?19日? お前いつ見たんだこの手紙??(いつって今日にきまってるでしょーが!)過ぎてるじゃないかーー!(それくらい私だってわかるって、だから聞いてるんじゃん)知らん、とにかく早く連絡しろ!」

もー、こわいっつーの。うちのダンナのキレ癖、なんとかならないかしら。怒っても過ぎてるものはしょうがないし、私のせいじゃないし。。ま、でも慣れてるので、ダメージゼロで、「そっか、やっぱヤバいよね、はい、予約取ります、取ります」って思い、そのあと2日忘れて、3日後に手紙に書いてあった電話番号に電話。

ツーツー、ガチャ。「x△〇xx〇△x〇〇xx△、ピーーー」

「え?なんて、なんて?」ま、とりあえず1押しとけ

「x△〇xx〇△x〇〇xx△、ピーーー」

「え?なんて、なんて?」ま、とりあえず1押しとけ

「x△〇xx〇△x〇〇xx△、ピーーー」

「え?なんて、なんて?」ま、とりあえず1押しとけ

というのを後2回くらい繰り返し、

ようやく呼び出し音。私の住んでるのは、オランダ語圏なので、担当銀行もオランダ語圏のところを指定されてるんですよ。これは、まったく私のせいなんで、誰も攻められないのですが、オランダ語まったくわかんなーーい。せめてフランス語の案内、もう少し譲って英語もいれて3択ぐらいにしてくれないかしらね~。オランダ語圏はこういうサービス多いんですよ。オランダ語のみ。わかんないカストマーは、すぱって切り捨てる。

でも、なんとか、人が出てきたので、英語で「あのー、店に来いっていう手紙がきてたので、予約取りたいんですけど」「あらーごめんなさい、ここオフィスもうなくなってるから、店に来るのは無理よ。さらに予約取らないとだめよ、来店は」

「いやいやいや、だから来店するために予約を取る電話なんですけど。。」と禅問答みたいだなーと思ってちょっぴり笑いながらいうと、向こうも「うーん、でもどっちにしてもここはオフィス無くなっちゃったから他の支店でよろしく。予約をオンラインでとってからね。」と朗らかに笑いながら返してきた。

あ、こりゃだめだ。。と思い、ここはひとまず退散。言われた通り、オンライン予約を試みた。。

3か月先まで予約不可!?


オンラインで、オンラインで、言うからさっそくサイトを開いて、自分のアカウントに入ると、my appointmentって項目がある!おーーワンダフル、あるじゃんと思い先に進んでいくと、指定されてた支店が出てきた。「さっき、ねーちゃん、支店がないとか言ってたけど、もしかして、私が電話で1を5回も選んでるうちに違う支店まで進んじゃったのかしら?」なんて思いながら、手っ取り早く明日の日にちを入れてプッシュ。次の瞬間、画面に衝撃の一言:

「3か月先までフルです」

「はぁぁぁぁぁ?」狐につままれたような気分になりましたね。

8月13日までに来いっていって、来なけりゃ取引停止するとか言ってるの、そちらですよね?この支店に来いって指定してるの、そちらですよね?電話番号だけ書いてきて、電話かけたらオンラインで予約取れっていってるのそちらですよね?

3か月先まで予約取れないってどう考えてもおかしいでしょ。どうしろっていうのよ、私に。。と思い、しばし途方にくれ。。。

ここは、まだヨーロッパの悪サービスにもまれた経験がものをいい、いやいやいや、なーーんとかなるんじゃね?と早い立ち直り。いろいろ画面を行ったり来たりしてると、指定されて支店ではないけど、他の支店で週末開けてすぐに予約が取れる支店を見つけた!さらにフランス語圏!よし、ここで予約だ。

開いてるのは、12時45分と、15時半か、ま、善はいそげ、ちょっとランチタイムにかかってお腹すくかもだけど、ここは12時45分に行って、さっさと済まそう。その後はスムーズに予約でき、ご丁寧にコンファメーションのメール、リマインダーのメールまで送られてきた。

そして当日、めんどくさいけど、ヘルプが必要なので、ダンナを連れて銀行へ。。


予約取るのにさんざん振り回されたけど、ま、最終的には予約も取れたし、約束の5分前に到着。ドアはきつく閉ざされ、インターホンを押すようになっていた。

「ビーーーーッ」

反応なし。

「ビーーーーッ」

反応なし。なので、ドアの目隠しの隙間から中を覗くと人が動いてる。さすがベルギー。人がいないならわかるけど、いるのに、まったく無視。どーいう神経やねん?

すると一人、人が近づいてきて普通にでてきた。おーやっと出てきたか、と思い、ま、しょうがないな、許してやるよ、待たされたことくらいと思って、向こうの出方を見てると、ドアの前で待ってる私たちを無視して普通に行ってしまおうとする。。おいおいおい、悪い夢かい、これは?

私:「ちょっと、すみません」

銀行男:(なんですか、いったいみたいな感じで)「は?なんですか?」

私:「予約取ってるんですけど」

銀行男:「何時にですか?」(今来てるんだから今だろ~、ばかやろーー)

私:「今ですよ、12時45分」

銀行男:「いや、それはない、今昼休みですよ(いかにも迷惑そうに)」

私:「は?」次の文句を言いかけた瞬間、キレそうなダンナ

ダンナ:「メールどこだ、見せてやれ」おーー、こわいこわい。私は銀行男よりもダンナがキレるほうが面倒だなーと思いつつ

私「これですけど、12時45分って書いてありますよ」

銀行男:「でも、今ランチタイムで休みですから!」

はーーーー? ここまではっきり書いてあるにも関わらず、そしてそれに目をとおしてもまだ、ランチタイムだと言い張るこの男。

私:「でも、書いてありますよね、ここに」

すると、返事をするでもなく携帯を取り出し、担当の同僚らしき人に電話

銀行男:「君のクライエントここに来てるよ、ランチタイムなのに。うん、外で待たしておくから。うんうん、いや、でも僕は今どうしても買いに外に出ないといけないから」

ここで、マジ、私もキレましたね、久々に。

外で待たせておく、じゃないんだよ、さらにどうしても買いに外にでないとって、君のランチでしょうがーーー、それ。客だよ、客、こっちは。それにおしかけじゃないのよ、きちんと予約とって、そのコンファメーションまでここに提示してるのよ。まずは、すみません。そして最善の策を探す、、、でしょーーー!もーーーー新人教育はどこぉぉぉぉぉっ!!!

銀行男:「今担当はランチなので、そのうち帰ってくるからこのドアの外で待ってて。じゃ」

といって、さっそうと外へ出ていきました。彼が今どうしても買いに出ないといけなかったのは、絶対ランチのサンドイッチに違いないですよ。。サンドイッチに負けたぁぁ。どーなんですかね、この感じ。

そのあと10分ほど待たされて、担当男、帰ってきました。悪びれもせず、詫びもなく、くったくない笑顔で

担当男:「えーーっと、予約とってます?」

だって。冗談じゃないよ。それからも踏んだり蹴ったりで、席についても、詫びはなく、悪気もなく「いやー君たちもわかるでしょ、僕もごはん食べないといけないし、はは」ははっ、じゃないっ!怒。

「で、何しにきたの?」ずこーーーっ。

あーー、久々に血圧が上がる感覚味わったけど、あまりにも温度感違いすぎて、話してる間に落ち着いてきちゃったわよ。。怒るより、慣れろ。。なのね、結局のところ。

その後も、何言ってんだ、この手紙とか言って、全然的を射ないし、さらには、あれ、ログインできない、、とか言って、私が駐車料金を払っていた45分後まで結局本題には入れませんでした。。。ログインできないってさ、今から午後の仕事じゃん、午前中何してたの、君?ログインしないで。。。あー、つっこみどころ満載。

これがベルギーを代表するバンクで、我が家の全財産を預けてるかと思うと、いささか心配ではありますが、ま、とりあえず、この担当男、人はよい感じで、最後はダンナをも笑顔に導いてたので、良しとしましょう。。


Crepe

Crepe




あー、久々のベルギーあるある体験だったな~。終われば笑い話なんだけど、もう少しなんとかなんないですかね~。平和と言えば、平和なのかな、これでも社会が回ってるんだから。。



 

ランキング参加中!リンク押してね ↓↓↓↓   ↓↓↓↓   ↓↓↓↓

↑このページのトップヘ