海外さばいばる in ベルギー

海外さばいばる歴うん十年のママ達が、日々ぶち当たるハーフっ子、ガイジン夫とのバトル、異文化の同僚や隣人とのコミュニケーション、はたまた日本語教育、欧州旅行、海外生活情報にいたるまで!海外でさばいばるするのに知りたいことから知りたくないことまで井戸端会議の徒然をつぶやくブログです

海外の誕生日会、バースデーパーティー



ベルギーで高校1年生にあたる年は、お酒に出会うとき、です。

Piroちゃんの『FUIFって何?~ないのなら作ってしまおう。パーティー企画!村のエンタメ…的な?~』にもある通り、学生主催パーティーによばれはじめます。

そうして、パーティーライフ・お酒とダンスの味を覚えてくるわけですが、同じ学年でもまだ15歳の子たちは正式にはお酒は×。16歳になって、正式にお酒が飲めるようになる、というのは親にとっても子供にとってもそれなりに一大事なのです。

そう、正式にお酒が飲めるようになる日=16歳のお誕生日=スウィート・シックスティーン、をここベルギーでは盛大にお祝いするのですが、見聞きしている感じだと、”親公認で”みんなで”安全に”お酒を親しむ会、といった様相。(本来はおそらく純粋に大人になった門出祝いです。)そもそも、Sweet sixteenはアメリカ由来のハロウィーンのようなもので、ベルギーでは一世代前の人たちは知らないという人も。

が、呼ばれた側はまだ15歳だったりするわけですが、

「xxさん(子供の友達やクラスメート)のお家なら大丈夫よね」

「ご両親もいるわけだし、むちゃして飲んだりはしないよね」

と、不思議な安心感ある、でも絶対お酒飲むでしょ、という会になっています。ただ、初・飲酒パーティーだと歯止めがきかない子が出ることもあるらしく、自分の子供のときには知り合いのパパを多めに集めて万が一に備えた、という人もおりました。学生時代が思い出されますね。質より量、とにかく限界まで飲む!こうやって我が子も、お酒の味を覚えていくんですね。

今週は2日連続でスウィート・シックスティーンに出かけたAnkoくん。お酒をプレゼントにすることもよくあります。ちょっと前までグミだったのになー。

それにしても時代が変わっても変わらないなと思うのは、こんな時の親子の会話。


ANKO

ANKO




クラスのほとんどが行くから。
みんな、お迎えきてくれてるよ。
みんな、2時までいていいって。
みんな、お酒飲んでるよ。



 

 


An

An




みんな、って。それあなたの周りの2-3人だけでしょっっ!



 

よかったら押してください。励みになります!

 



うちの隣人はコマめに「結婚〇〇周年記念」や「誕生日会」を祝う。それも大々的に。私なんて子供のころにお誕生会を開いてもらった記憶があるが、それこそ大きくなるにつれ誕生日は家族やその時の恋人と祝うくらいで大々的なパーティーなんてした記憶がない。

つい先日、人が外であれば人が集まれるようになるということで「〇〇歳の誕生日をしまーす。来てください~」とメッセージが来た。開始は19時から。








まずはアペリティフとシャンパンから始まり、団欒しているうちに人が集まってくる。

もちろん19時開始と言ってキッカリ守るのはうちの旦那以外数人。ほぼ遅れてくるのが普通。

 











ここの家族は集まり事でも自分達でご飯は作らないタイプなので(アペリティフのニンジンときゅうりは別ね)、旦那が来た人来た人にピザのオーダーを取りピザ到着!

その頃には21時頃。。。これからピザタイム!















思い思いに団欒をし、そしてたき火が始めるとデザートが出てくるのだ。もちろん、マシュマロをたき火の火で焼くのもおいしい。

たき火の煙、大音量の音楽、人の声が真夜中まで続いていてもうちの近所の住人からは何の文句もでない。。。。理解ある隣人がいるって素晴らしい。

ま、でもきっと文句がでても0時前なら「すみませ~ん」とか言いながらパーティーは続けるんだろうけど💦

まぁ~本当にエネルギーあるわぁ~といつも思う。私なんていつも途中で帰るパターン。じゃないと身体がついていけないわ。


ふぁりん

ふぁりん




こちらのお宅はシャンパン好き。

なんで最後までシャンパンで、会が終わった後のボトルは。。。



よかったら押してください。励みになります!

↑このページのトップヘ