海外さばいばる in ベルギー

海外さばいばる歴うん十年のママ達が、日々ぶち当たるハーフっ子、ガイジン夫とのバトル、異文化の同僚や隣人とのコミュニケーション、はたまた日本語教育、欧州旅行、海外生活情報にいたるまで!海外でさばいばるするのに知りたいことから知りたくないことまで井戸端会議の徒然をつぶやくブログです

京都観光



すっかり秋色に染まったベルギーですが、まだまだ夏の思い出をひきずっているノナです。

今年の夏は実家だけでなくかなり旅行したんですよねー。前半が東京で、後半が京都。(といっても4日間だけだけど。)

ちなみに京都に行くことになった理由はこちら!

https://kaigai-jiyuujin.blog.jp/archives/15381539.html

夏の京都、殺人的に暑いんだけど、やっぱ京都しか勝たん。と思うくらい大好きでした♪そして去年から始めた御朱印集め。これも京都のあたらしい楽しみ方を教えてくれた感じです。

というわけで、今回はお参りしたお寺と御朱印をご紹介!






まずは私の一押し清水寺




かっこいい♪






一度行ってみたかった!思ったより近いよ!




鳳凰が優雅♪






涼を求めて山奥の貴船神社へ




シンプルでかわいい♪






わびさび情緒漂う嵐山の穴場神社。




書置きだったけど日付いれてくれた!






北野天満宮に頭を良くしてもらう!




梅マークがかわゆす。






ホテルに近かったので行ってみた。




すんごい力強い!



御朱印もたくさん集まったし、お寺や神社の楽しみ方も年をとって?ちょっと変わった気がします。御朱印って書いてもらってる時間も好きなんだよなぁ。


Nona

Nona




しばらく京都の寺社巡りにお付き合いください。



 

 

 

よかったら押してください。励みになります!





押して頂けると励みになります♪
人気ブログランキング





フォローしてくれると嬉しい♪







できたらこちらもお願いします!にほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村





フォローもしてくれると嬉しい♪海外さばいばる - にほんブログ村
更新のお知らせを受け取れます!





どーもっ!のなです。 京都観光2021、最後は金閣寺です! ってなんで最初の画像がよーじやのクレープかって?だって、絵面的にそっちの方がおいしそうなんで。。ww。


でもまずは金閣寺、、修学旅行で行った方も多いのでは? 個人的には金閣寺よりも銀閣寺が好きで、そっちは何回か訪れてますが、今回は娘ちゃんが「日本人として、一生に一回はみたい」と言ったので、行ってまいりました。


金閣寺、別名鹿苑寺。


はいっ!どどーんっ!金閣寺でございます。立派ですねー。最初にこれ作ろうと思った人すごいわ。



伏見稲荷=>安倍晴明神社と回って、最終がこの金閣寺です。 コロナ禍ということもあり、バスもほぼ地元の人だし、金閣寺自体もガラガラでした。バス停で案内をしているおじさんによると、コロナ前は一日7000人くらいが訪れていた金閣寺。 バスも人で一杯で乗るに乗れないことも。今では一日の参拝者数が50人なんてこともあるらしく、周りのお店もたくさんクローズしたそうです。


はやくコロナが終わって活気が戻るといいですよね。。。


さて、久しぶりの金閣寺、、「えーこんなにぴかぴかしてたっけ?」と思うくらいめちゃめちゃきれい! それもそのはず、最近金箔張り替えたらしいです。(バスのおじさん説)


前見たときはなんか派手でいまいち、、って思ってたけど、人があまりいないと、池に浮かぶ金閣寺はなかなか風情がありました。


今回の訪問で唯一お金を払ったのが金閣寺です。(400円)意外と中は広くて、金閣寺以外にも見るところが。といっても流す程度ですが。。左の写真は入場券。










 




植木でできた船。わかる?





この説明がなかったらわからないよね。「陸船の松」だそうです。




アクセス


〒603-8361 京都府京都市北区金閣寺町1
お問い合わせ 鹿苑寺事務局:075-461-0013


バスで「金閣寺道」下車


12系統 59系統 205系統 M1系統 急101系統 急102系統 急111系統 MN205系統


安倍晴明神社からは12番で15-20分くらい。 金閣寺からJR京都駅までは40分くらいでした。


参拝



  • 午前9:00〜午後5:00 (年中無休)

  • 参拝料金 大人(高校生以上)400円 / 小・中学生300円


今気づいたけど、娘ちゃん、中学生料金があったんだ。。。💦 すっかり大人料金だと思ってたわ。


くわしくはこちら金閣寺のページへ。


https://www.shokoku-ji.jp/kinkakuji/


さてここからが本題!?のよーじやカフェ


金閣寺のそばによーじや(←知ってる?京都の有名なあぶらとり紙の店です)があって、そこのウィンドゥにおいしそうなクレープの写真が! 食べたい!と思って入ったら、そこはお店だけなので、「よーじやカフェ」なるものに行けとのこと。 幸いにもこれから帰る京都駅にあるらしいので、ちょっくら寄ってかえりましょーということになりました。


ちょっと探すのに手間取ったけど、京都駅の地下、ポルタのお土産なんかを売っている、「きょうこのみ」内にあります。地図をみればすぐみつけられると思います!


カウンターだけの小さなお店です。席も5つしかなかったかな。。なんと2021年7月7日にオープンしたばかりだとか!ラッキー💛










さてさて、メニューはあんまりなかったかな。クレープがメインだと思います。っていうかそれしか見てなかったので、他に何があったかわすれちゃった。クレープは750円。高いといえば、高い!でもこれは見たら食べずにはいられない~。オプションで中に入れるものを選ぶのかと思いきや、ここにあるものがぜーんぶクレープの中にはいってるとか! テンションあがりますー。


私と妹はミルクティー。娘ちゃんはぶれずに抹茶。いつも抹茶。両方ともめっちゃおいしかったです!娘ちゃん、ちょっとしかくれなかったけど。ヽ(`Д´)ノ




抹茶クレープ



  • かのこ豆

  • 抹茶クリーム

  • こしあん

  • 抹茶白玉

  • 抹茶アイス

  • オリジナルパイ




ミルクティークレープ



  • 紅茶セミブレッド

  • 紅茶クリーム

  • 紅茶ゼリー

  • タピオカ

  • 紅茶アイス

  • オリジナルパイ




かわいいのはこれだけではありませんよー。細部にいたるまで凝っててすごい!とおもったのがこちら。お手拭きといっしょについてくるミニ油とりがみ! かわいすぎないー?(あきらかに、金閣寺よりテンションあがってます。ww)


っていうかね、手のひらサイズのミニあぶらとり紙つけようとかさ、もー誰!?そんなこと思いつくの!神でしょー!乙女心をついたマーケティングさすがです。




おてふきがかわいすぎる件




手のひらサイズの油とりがみ




というわけでみなさん、ぜひいってみてねー。サイトをみると羽田空港にもあるみたいです!この間行ったとこなのに、しらんかった。。。




抹茶の子はちょっと細面。ww




よーじやカフェ お茶のクレープ 京都駅前地下街ポルタ店。


京都市下京区烏丸通塩小路下る東塩小路町902番地京都駅前地下街ポルタ「きょうこのみ」内
TEL:075-366-4698
営業時間:10:00~20:30




http://www.yojiyacafe.com/


 




Nona

Nona



安倍晴明神社編でもいいましたが、現在、御朱印帳はすでに紙にかかれたものをもらうタイプになっていて、直接書いてもらえません。なので、今回はパス。あーでも、死ぬまでにもう一回金閣寺いくかなぁ?




 



 


https://kaigaisurvival.com/kyoto-kankou/4851/


https://kaigaisurvival.com/abenoseimei/4969/



どーもっ!ノナです。みなさん、安倍晴明って方、ご存じ? 私、割とファンタジー系が好きで、妖怪系漫画とか大好きなんです。 夏目友人帳、ぬらりひょんの孫、不機嫌なモノノケ庵、、、とりあえず、妖怪ものは一回読んでみる。そんな中、いつも出てくるのが安倍晴明、平安時代に活躍した日本呪術史上、トップクラスの陰陽師です。今人気の呪術廻戦にもでてきますよねー。陰陽師っていう漫画は安倍晴明が主人公です。


陰陽師って言うのは術を使って妖怪や、悪霊を退治する人のことですが、平安時代にはちゃんとした職業だったようです。


そんな彼の死後、一条天皇が彼の屋敷があった場所に建てたのが、京都上京区晴明町にある、安倍晴明神社です。ちなみに怨霊以外の人間が祀られるのはとても珍しいことだそうです。




神社の安倍晴明さん




そんなことはさておき、なぜここに行こうと思ったのか、、最初の目的は


「一応、日本人として一生に一回は金閣寺みておかないと」という娘ちゃんのために、伏見稲荷と組み合わせていきましょう、という計画だったんですよ。そこへ、私の妹が参戦。「えー、金閣寺行くなら私も一緒にいって安倍晴明神社にいきたい!」というので、急遽こちらにもよることに。


割と近くなんですよね、金閣寺と安倍晴明神社。




妹が行きたがっていた理由が、なにやら、妹の友人がここに参拝してから、良縁にめぐまれ、めっちゃ幸せになってるらしいから、だそうです。。。(ご利益に縁結びはなかったけど!)


うん、確かになんか安倍晴明神社ってそういうことが起きそうな気がしないでもない気がする。。。 単純な私もぜひとも行ってみたくなりました!


そこでネットで調べてみると、、なんかかっこいいじゃないの! (罰当たり発言ですいません。)普通の神社よりなんかかっこいい。御朱印帳もすてき💛。 御朱印帳まだもってないし、どうせ買うならこここのがいいなー。


ってなわけで行ってきました、安倍晴明神社です。


安倍晴明神社



もちろん、そんなに大きくない。こじんまりした神社です。いやー。門がすでにかっこいいのよ。この晴明桔梗マーク好き。(マークじゃなくて社紋ですね。家紋みたいな?)


晴明桔梗は五芒星からきているとか。五芒星は陰陽道に用いられる祈祷呪符のひとつです。







陰陽師では全ての事象が陰陽と木・火・土・金・水の五行の組み合わせによって成り立っているとされているそう。




木、火、土、金、水は自然の成り立ちを表しているとか。それぞれに相性が良いとか、相手に強いとかがあるみたいです。




戻り橋


一条戻橋は、平成7年に架け替えられ、現在も晴明神社から南へ100メートルのところにある堀川に架かっています。晴明は式神をこの橋の下に住まわせていたそう。先代の橋で使われていた欄干の親柱を境内に移し、昔の風情を境内に再現したのがこの一条戻橋です。




晴明井


晴明公が念力により湧出させた井戸。病気平癒のご利益があるらしく、湧き出す水は現在でも飲めるそうです。。。が!残念ながらコロナで使用禁止に😢


残念!飲んでみたかった!







桔梗は安倍晴明のシンボル


晴明神社の社紋は「晴明桔梗」で、桔梗ばモチーフ。境内には2000株もの桔梗が植えられているそう。





厄除け桃


中国また陰陽道では、桃は魔除け・厄除けの果物だそうです。この桃をなでると厄除けできるとか?





御朱印帳


海さばチームのクレープちゃんが、御朱印集めを趣味としてるんですが、私も前から欲しかったんですよね~。引退したらクレープちゃんとのんびり御朱印集めとか趣味にして、旅行しまくりたい。(遠い目)


でもって晴明神社を調べてて一目ぼれした御朱印帳がこれ!かっこいい!買う前にいくつかほかの私が好きな神社(銀閣寺とか)のも見てみたんですが、断然これでしょ。五芒星がすてき。そして桔梗のゴムバンドで留めるデザインも良き💛


ちなみにブレスレットは娘ちゃんが買った厄除けブレスレット。










現在はコロナの影響で、どこの寺院でも直接書いてもらえないらしく、あらかじめ書いた紙をもらえるらしいです。なので晴明神社にもクリアシートタイプで御朱印を入れられるタイプもありました。 直に書いてもらうタイプは晴明神社の分はすでに書き込んだ状態で売られてます。


バラの紙に書いたものを張り付けたりする人もいるみたいですが、それはなんとなく嫌なので、せっかくこの後金閣寺にも行ったんですけど、そこでは御朱印もらいませんでした。 


またコロナが終わったら御朱印集めをしようと思いまーす!


ご利益とアクセス



創建は、寛弘4(1007)年。一条天皇の命によって、晴明公の屋敷跡である現在の場所に社殿が設けられました。



晴明神社は、「魔除け」「厄除け」の神社です。生前から人の厄や、苦しみを取り払ってきた安倍晴明ならではのご利益ですよね。



参拝



  • 時間:午前9:00〜午後5:00(無休、授与所は午後4:30まで)

  • 参拝料:無料

  • 駐車場:隣にコインパーキングあり


アクセス



602-8222
京都市上京区晴明町806(堀川通一条上ル)





  • 京都駅から=>バス9番 一条戻橋・晴明神社前」下車 徒歩すぐ

  • 阪急烏丸駅、地下鉄四条駅=>バス12番 「一条戻橋・晴明神社前」下車 徒歩すぐ

  • 京阪三条駅 =>バス12番、59番 「一条戻橋・晴明神社前」下車 徒歩すぐ



私たちは、この前に伏見稲荷に行っていたので、京阪伏見稲荷駅から三条駅まで京阪で移動=>バス12番で晴明神社にでました。 京阪三条駅のバス停は地下鉄を上がってすぐのコンビニの前にあります。(出口は忘れちゃったけど)


https://www.seimeijinja.jp/




Nona

Nona



というわけで安倍晴明神社、妖怪好きにはおすすめです💛




 




 


https://kaigaisurvival.com/kyoto-kankou/4851/


https://kaigaisurvival.com/kinkakuji-yojiyacafe/4974/

↑このページのトップヘ