海外さばいばる in ベルギー

海外さばいばる歴うん十年のママ達が、日々ぶち当たるハーフっ子、ガイジン夫とのバトル、異文化の同僚や隣人とのコミュニケーション、はたまた日本語教育、欧州旅行、海外生活情報にいたるまで!海外でさばいばるするのに知りたいことから知りたくないことまで井戸端会議の徒然をつぶやくブログです

ベルギー観光

lastsupper

「ベルギーに最後の晩餐があるんだって~」という クレープちゃんの情報を元に行ってまいりました!
そう、レオナルド・ダ・ヴィンチで有名な ”最後の晩餐” の絵はミラノにあるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院と大抵は思うでしょう~。が、が、しかしですよ!どうやら、ダ・ヴィンチの弟子が書いたと言われているまるっきり同じ最後の晩餐がベルギーに存在しているようです!

そして弟子だけではなく、ダ・ヴィンチも自ら少し筆を入れていたようですよ。


ということで!!!行ってきました~~
場所はもちろんベルギー! WesterloにあるTongerlo修道院
ブラッセル市内から車で1時間くらい。



大きな駐車場もあるし、敷地も広くて散歩もできます~。
さらに日曜日も午後は開いているお土産エリアもあって、Tongerloのビールも売ってますよ。スーパーで買うより安いのかな?
修道院で作られているハチミツ、ジャム、フェイシャルクリーム、石鹸なども売ってましたよ。
 
lastsupper5
lastsupper4

lastsupper2
lastsupper6

そして、そして、メインの!!!!!「最後の晩餐
行ったときには修理を行っていたので肝心のイエス様に脚立がぁああああ。。。。

lastsupper3

ちなみに、教会の入場料は無料(24年2月現在)ですが、ミサを行っている時間は教会への入場は遠慮してね。との事です。
広い敷地だし、修道院の周りも散歩できるルートあり!
今回お天気が悪かったので散歩しなかったけど、今度はまた散歩がてら行きたいなぁ。
ちゃんとイエス様まで見られなかったし


修道院の周りには素敵なレストランが点在しているので、私たちは見学後にランチをして帰りましたぁ。
私たちが行った場所は👇。デザートも何もかもブラッセル市内より若干安く、中身も沢山!


lastsupper8
lastsupper7

lastsupper9
lastsupper12

最後の晩餐にまつわるエピソードを一度見てみてから行くと、また楽しいかも。
これから暖かい春になるので、ランチがてら”最後の晩餐”どうですか?



なかなかベルギーもディープですね~。小さい国なのに知らない事がまだまだ!





押して頂けると励みになります!フォローしてくれると嬉しい♪
 
にほんブログ村 主婦日記ブログへ海外さばいばる - にほんブログ村

ライブドアアプリで更新通知が受け取れます♪



どーもっ!のなです。年度末の3月、有給休暇を消化すべくクレープちゃんと旅行を計画したのが1月末くらい?さすがに3月末ならロックダウンも終わってカフェもあいてるでしょー、なんて言いながら有給を3月末に取ったわけですが、ベルギーの状況、全く変わらず、相も変わらずのロックダウン、国境封鎖、カフェ、レストランはすべてクローズという状況です。 しかたがないので、ベルギー内で素敵なところを探してたんですが、ありました! ベルギー、まだまだ捨てたもんじゃありません!すでに20年近く住んでますが、まだ行ったことのないオート・ファーニュ自然公園に行ってまいりました!

え?ここってベルギー?ヨーロッパ?っていう感じの風景ですよね?延々と伸びる木道、両側は落っこちたらびちゃびちゃ確実の湿原です。 遠足の小学生なんかが来ようものなら、確実に男子5人は落っこちて泥んこになるようなところ。(そこにクレープちゃんの息子ちゃんは絶対入ってそう。ww)

まだ3月なので一面枯草で西部劇っぽいですが、夏には緑になるのかしら? 平日なのとロックダウンのおかげで?ほとんど人がいませんでした。誰もいない中、延々と歩いていると、なんだか別世界につながってそうな感覚におちいる。。静かで水のせせらぎの音しか聞こえないので、本当に癒される場所でした。

オート・ファーニュ自然公園


ドイツとベルギーの国境近く、ベルギーとは思えない山道をグングン登っていくと急に開けた湿地帯が周りに現れます。ここがオートファーニュ自然保護区(Hautes Fagnes)なんと4500Haもあります! オランダほどではないですが、ほとんど山と呼べるものがないベルギーの標高最高地点(694m)。

今回は行かなかったのですが、最高地点にはSignal de Botrangeと呼ばれる6mの塔があり、そこに登るとちょうど700m地点となるようになっているそうです。








ルーバンから車で約1時間半。今回は散策路の入り口のすぐそばの大きな駐車場に止めました。この駐車場のすぐ横にあるパン屋さん、めっちゃおいしいらしいですが、残念ながら今回は定休日(水曜日)。。。

まぁでも散策路のすぐそばに大きな駐車場があるのはうれしいですよね。

次回はぜひパン屋さんの食レポもやりたい!



 








これが今回歩いたコース。片道約1時間。本当は緑の森のところが最終地点と思ってたんですが、途中で大きな水たまりに阻まれ断念。でも十分堪能できました。まだ雪が残ってる!



きれいな小川のあるところでちょっと一休み。クレープちゃんの手作り焼きカレーパンで休憩です。水が少し赤っぽいのは鉄分が強いからだとか。この辺りはヨーロッパでも有数の泥炭の酸性地質なんだそう。それにしても水がきれいて癒される~。



看板を見ると、リード付きでもわんちゃんはダメなところが多かったので、わんちゃんとお出かけしたい人は要注意です。ただ木道はわんちゃんには歩きにくいのでやめた方がいいかもです。

お次に目指したのは?ベルギーの温泉SPA!


せっかくここまできたのだから、SPAまで行ってみようということで、やってきました、ベルギーの温泉地SPA! カルキの少ないミネラルウォーターが有名です!出迎えてくれたのはもちろんこの方!

















ベルギーの南、アルデンヌ地方にあるSPAという町は“温泉”の意味で使われている「スパ」という言葉の語源になっている町です。

古くから水の町として知られ、ベルギー王室を始め、数々の有名人に愛された町。日本では温泉地というよりもスパ近郊のスパ・フランコルシャンのサーキットで行われるF1レースの方が有名かもしれませんね。








ベルギーに住む私たちにとってはSPAといえばミネラルウォーター。特に赤ラベルのスパークリングウォーターは私のお気に入りです。

すでに時間は4時。ゆっくり回ってる暇はなかったので、ちょっとぶらぶらする感じで終わってしまいましたが、山をバックにした建物などが、どことなく温泉地っぽい、素敵な街でした!今度はゆっくり行きたいなー。



 

テルム・ド・スパ Les Thermes de Spaは残念ながら工事中














19世紀の建造物。現在のテルム・ド・スパは、ホテルRadisson SASのとなりにあるケーブルカーで山を登ったところにあってエステなどができるそうですが、残念ながらコロナのせいか、ケーブルカーはやってなかったので行けませんでした。


ピエール・ルグラン




Le Pouhon Pierre-le-Grand

最も有名な源泉。開館時間が決まっているので気を付けて!



聖ルマクル協会




L'Eglise de Saint Remacle

元は15世紀の建造物ですが、現在の教会は1885年のもの。



かわいいお店




Antique shop

かわいかったので,とってみました。



駆け足で回ったSPAの町、実はいろんなところに源泉があるみたいなので、次は源泉めぐりをしてみたいです。








左:現在のテルム・ド・スパ・に行くケーブルカー。残念ながらとまってました。

下:かわいかった雑貨のお店



 

 



あーそれにしてもいい天気だったので、本当に楽しかった! 朝10時に出発して、帰宅は19時。クレープちゃんとののんびり一日女子旅でした!

 


Nona

Nona




今度は(いつかは?)泊りがけできて、テルム・ド・スパで優雅にエステを受けたいです。(願望)



よかったら押してください。励みになります!

 

↑このページのトップヘ