海外さばいばる in ベルギー

海外さばいばる歴うん十年のママ達が、日々ぶち当たるハーフっ子、ガイジン夫とのバトル、異文化の同僚や隣人とのコミュニケーション、はたまた日本語教育、欧州旅行、海外生活情報にいたるまで!海外でさばいばるするのに知りたいことから知りたくないことまで井戸端会議の徒然をつぶやくブログです

ドラッグストア



海外に住んでいると、「絶対日本のほうが、いいモノあるよ~」という品が多いですよね。薬なんかもその一つ。頭痛薬でも、胃腸薬でも、やっぱり日本人基準で作られた、小さい頃から使っている馴染みのある薬が一番!なんて思っている人も多いはず。ま、あまり根拠のない思い込みの場合が多いですがね、気持ちはよーくわかります。

それで、年頃の息子ちゃんが、最近ニキビが気になるというので、「じゃ、日本に帰ったとき、めっちゃ効くクリームを調達して帰ってこよう!」という話になりました。もちろんベルギーの薬局でも、とりあえずは、ニキビに効く薬ありますか?と聞いて勧めてもらった薬はあったのですが、そこは、ほら、上に書いた神話のように、「日本のヤツのほうがきっと良いに決まってる!」という思い込みがあるので、日本買い物リストに”ニキビの薬”と、しかと記入しておりました。

私たちの青春時代の定番といえば、「にきびの薬、ク〇アラ〇ル♬」とか、ありましたよね~。うーん、そんなのあった、あった、と思いながら、日本に到着後、ドラッグストアへ。。。

田舎のほうのドラッグストアなので、お客さんも少なく、店員さんも対応してくれそうな雰囲気。そこで、


Crepe

Crepe




あのぉ、息子用なんですけど、ニキビに塗るクリーム探してるんですが。。



すると、店員さん、






あ、ちょうど良かった、それなら、今すごくおススメなのがあるんですよ。。



お、いいね、いいね♬ それそれ、みんな知ってる定番のやつ、ちょうだい!






うちも最近入荷したんですが、これは、今までの薬とは違って、ニキビだけを治すというよりは、お肌全体をキレイにして改善していく、予防していくというようなコンセプトの本当の意味で治療していく薬なんです。。



むむむ?なんか私の青春時代とは違う雰囲気になってきたぞ、、みんな知ってる定番のやつでいいんだけどなー-、ク〇アラ〇ルみたいな。。

この店員さん、丁寧だけど、やけに熱い。よっぽどこの薬に思い入れがあるらしい、、しかし、私が、ことのほか食いつかない態度でいることに気付いたのか、






あ、もちろん従来のクリームもありますよ。とりあえず赤みやかゆみを抑えるような、、でも、まあ、まずは、おススメの物のサンプルをお渡ししますので、ぜひ、これ使ってみてください。もちろん、それでも従来のほうがよければ、そちらを使っていただければよいので。。。



うーん、どうしても、おススメの商品を試してほしいらしい。まあでも、ここまで勧めるんだから、いい物なのかも。とりあえず、ここはサンプルをもらわないと始まらないらしいので、もらっとくか。。そこで店員さんがおもむろに出してきたのが、、






こちらになります!!






Crepe

Crepe




ア、ア、アベンヌかい~~~っ!?(ずこっ)


 


ま、ベルギーやフランスにお住いの方は、私のずっこけ具合がわかるでしょう。。。アベンヌといえば、そこらへんの薬局やスーパーの薬棚、ベルギーではどこでもかならず見かける定番中の定番のクリーム。。うちの息子ちゃんも、ハイハイしてるころから、お尻が赤くなればこれ、顔にぶつぶつができればこれ、なんなら虫刺されや日焼けにもこれ、、、とにかく定番中の定番、、日本でいったらニベアみたいなもんですよ。

せっかく海を渡り、夏休みで里帰りする日を指折り数えて、ようやく、「一番ニキビにきく、やっぱり日本よね~の薬」を探し求めてたどりついたのが、アベンヌ、シカルファット・クリーム。。。とほほ。。私の宝物探しの夢破れたり。。。ぐらいの気分ですわ。

でも、ここで、「いやいや、私はですね、今ベルギーから里帰りで日本へ来ていて、アベンヌは、ベルギーでいつも使ってるやつで云々かんぬん」と全部説明するのは、めんどうだったので、心では、ずっこけるやら、落胆するやら、いろいろな感情が渦巻いてましたが、


Crepe

Crepe




あー、はい、ありがとうございます。そんなに勧めてくださるなら、このサンプル試してみますぅ



とかなんとか言って、その熱い店員さんとはお別れしました。

なんか、その後、定番のニキビ薬を探して店内をさまよって、またあの親切な店員さんにばったり会ったりするのも気がひけるので、その日は「うーん、アベンヌは知ってるんだよね、これをこえる幻の日本の薬を探しにきたんだけど。。」とぶつくさ言いながら家に帰ってきました。

息子はそんなことには、まったく無頓着なので、私がモヤモヤした気分で、事の一部始終をあーでもない、こーでもない、と訴えましたが、

「どうでも良いけど、はやく塗って」とかるく一蹴。

さらに、さすがに小さい頃から使い慣れてるからなのか、アベンヌ効果は抜群で、1-2回塗ったらすぐにニキビの赤みもとれ、本人はいたって満足気。。でした。

ちなみに店員さんの顔をたて、お知らせしておくと、こちらも併用すると、さらに効果大!だそうです。



きっとこれもベルギーのうちの近所の薬局でもすぐに見つかることでしょう。夢破れたり感はぬぐえませんが、今回学んだことは、やみくもに、日本の物の方がいいに決まってる、今度日本に行ったらあれ買ってこよう、これ買ってこよう、という根拠のない思い込みは、冷静に一度考え直す必要があるんじゃないか??といったことでした。

昔、日本からスポンジを買ってきて、大量のスポンジを日本帰りの私のスーツケースの中に見つけたダンナが、「お前は、ベルギーにもスポンジがあることを知らないのか??」と真剣に驚いていたのを思い出してしまいました。その時は「ばかだなー、日本のスポンジは違うのよ」って思ってたけど、案外、ベルギーのスポンジも良いのでは?とふと考えてしまうような、出来事でした。

ま、アベンヌはいいでしょう。私も前述のようにさんざんお世話になっているので、日本に進出してもおかしくはな、という気がします。しかし、今回、どうも腑に落ちないのは、あの店員さんの熱心ぶり。。そして、私の行った超田舎のドラッグストアにアベンヌがあったこと、、、そのへんがなーんか不自然だなーと思い、気になってググってみると、こんな記事を見つけ、ははぁ~そういうことか、、。世間のからくりが見えてきました。

もうお判りですね。私の行ったのはツルハドラッグ。そして、このアベンヌのシカルファットクリームはツルハ限定商品だったのです!

どうりで店員さんが熱く勧めてくるはずだわ~。

でもね、アベンヌはよいクリームだし、お肌にもやさしいってのは本当なので、結局日本では「幻の薬」は購入せず、ベルギーに帰国してから、早速サンプルではなく本物を近所の薬局で買いました。




Crepe

Crepe




あーあ、最初っからベルギーで買ってさっさとつけておけばよかったさね、こんなオチなら。

理由もなく、日本の方が良いに決まってる!という先入観はそろそろおしまいにしましょうかねー-



よかったら押してください。励みになります!



こんにちは、クレープです。最近すっかり秋ですね~。いかがお過ごしですか?

ところで、みなさん、白髪染めってしてます? 一回しだすと大変ですよね。定期的にいかないといけないし、お金も時間もかかる。。頭の痛いところです。

そんな私に朗報が! 最近息子の幼馴染の男の子が、将来美容師になるとかで、養成学校みたいなのに行きだしたんですよ。で、ママから電話がかかってきて、「練習台を探してるんだけど、クレープちゃん、やってくれなぁい?」 わおー、なんてすばらしい提案でしょう! もちろん、答えはイエス! さっそく白髪染めをしてもらうことになりました。

んでもって、市販の白髪染めを購入しにいった私に、この摩訶不思議な現象が起こったのです。。

どんな白髪染め使う?


普段は美容院で染めてもらうことが多いですが、どうしてももうヤバい!ってときは、お家で染めることもありますよね。でもって、日本に行ったときに買ってきた白髪染めのストックがあるときはいいけど、無くなることもあります。「郷に入っては郷に従え」、現地調達が大事です。

で、前にこういった日本のサイトにも出てくる、現地(ベルギー)でも調達できる白髪染めはないか? と探したところ、見つけたのがこちらのSyoss Oleo シリーズ。



まだ数回しか使ってないので、ほんとに良いかの検証までには至ってないのですが、こちらでは、何を使ったら良いのかよくわからないので、ベルギーで買うときは、とりあえずこれにしています。。

早速購入すべく、スーパーへ


①Corloyt編

約束は明日にせまっていて、時間がないので、取り急ぎ家の近くのCorloytというスーパーへ。ここは一般的なスーパーの大型店で、品ぞろえも豊富だろう、と見込んでいったのですが、白髪染めはあまりなく、お目当てのSyossはたったの4色くらいしかない。。でも、他の店に行く時間がなさそうだったので、その中で物色して購入。ふと値段を見ると、3.79ユーロ。

なんかずいぶん安いわね。。Corloytってこんな安いんだあー、ラッキー。色のチョイスはあまりなかったけど、ま、良しとしよう!なんて、購入しました。

②Kruidvat編

なんで時間がなかったかというと、この海さば仲間のPiroちゃんちに、この後遊びに行く予定になってたからだったんです。 でも、運よくPiroちゃんと買い物に出ることになり、ちょうど立ち寄ったところに、ベルギーのドラッグストアのような、Kruidvat というお店があったので、「ここはドラッグストアだから、もっといい色あるかもな~」なんて、またもや白髪染めを探しにお店へ行きました。おーー、あるある、こっちのほうがいいじゃん!この色にしよーっと、と、良かった、良かった、なんてレジでお金を払って、ふとレシートを見ると、な、なんと、10.49ユーロ。えーーーー、なんで?なんで?

さっきは、3ユーロ台。ほぼ3倍の値段だよ~。ショック、ショック。。。

でも、気の弱い私は返品する勇気もなく、さらに能天気なので、まー、仕方ないか。さっきのは確かに安すぎた気もするし、足して2で割れば悪くないかも。。なんていって、その場は流してしまいました。

③Action編

そして、Kruidvatからでてきて、ふと横を見ると、Action があります。Actionは日本の100均やドンキみたいなお店で、雑貨や日用品などごちゃごちゃいっぱい取り揃えていて、めちゃめちゃ安いのです。別に用もないけど、あるとなんとなく行きたくなる、そう、まさに100均的なお店なんですね。

で、ちょっとだけ覗いていこうか~、なんて入っていろいろ見ていると、な、なんと、またSyossのOleoシリーズが置いてます。でも値段が書いてないの。。でも、絶対安いはず、、色も良さげなのあるし、、一個気になる点は、スペイン語とかポルトガル語みたいな表記なの、デザインは一緒なんだけど。怪しいモノじゃないよね~?



うーん、いくらだろ? もう好奇心が止まらなくなり、ま、どうせいずれは使うんだから、これも買ってみてしまえ!と、本日3個目の白髪染め購入。で、お会計を済ませて、レシート見てみると。。じゃーん。(しわくちゃでごめんなさい、一度捨てかけた。。)



またもや、3.79ユーロ

奥さーん、この価格差どう思います?



Corloyt






Kruidvat






Action




 


Corloyt =3.79ユーロ

Kruidvat=10.49ユーロ

Action=3.79ユーロ

で、これが商品たち。どれもほんと一緒なんですよ。バッタものとかではないっぽい。



Actionのが安いのはなんとなく、理由がつけられそうな気がしますよね。言語表記が違うから、特殊ルートを使って仕入れてすごく安く。。みないなことなのかな。

でもCorloytとKruidvatで買ったものは、ほんとに同じなんですよ、カラーが若干違うけど。それで、この価格差って何なんでしょう? あっちのスーパーが10円安い、とかのレベルじゃないですよね。

いやー、なんか狐につままれたような気分。今回は自然と腹がたったりは全然してないんだけど、なんで、こんなに違うのがほんとに不思議。。。誰か教えて~。

いや、でもよく考えると、好奇心が手伝ったとはいえ、白髪染めを1日に3つも買ってしまう自分のバカさ加減にちょっとあきれてきた。。何やってんだか。だからお金たまんないんだな、私。


Crepe

Crepe




みなさん、よく研究したら同じものでも、買う場所工夫するだけで、すごい節約になるかも、ですよ!こんなお得情報見つけたらぜひ、私にも教えてくださいね。



↓↓↓ リンクも押してね! ↓↓↓

↑このページのトップヘ