海外さばいばる in ベルギー

海外さばいばる歴うん十年のママ達が、日々ぶち当たるハーフっ子、ガイジン夫とのバトル、異文化の同僚や隣人とのコミュニケーション、はたまた日本語教育、欧州旅行、海外生活情報にいたるまで!海外でさばいばるするのに知りたいことから知りたくないことまで井戸端会議の徒然をつぶやくブログです

クッキー



こんばんは。クレープです。突然ですが、私、完全にふられました。。誰にかって?ご近所の子供たちに。。はい、もう一週間ほど過ぎてしまいましたが、今年のハロウィンは完敗(というのか?)でした。

毎年ハロウィンの日になると、薄暗くなるころ、突然ドン・ドン・ドンと、戸がたたかれ、息子も大きくなりすっかりハロウィンを忘れている私が戸を開けると、ぎょっとするようなメイクをしたちっちゃい子供たちが、大人に引きつられ、「お菓子をくれー-」とぞろぞろ立ちはだかっています。

何も用意していない私、あわてて、日本のおせんべいなどをあげて怪訝な顔をされる、というのが例年のパターン。だんなが扉を開ける年もあり、彼もあげるものがなくてあたふたするという失態を経験していて、今年はめずらしく「明日はハロウィンだから、ボンボン(上の写真のグミのようなもの)みたいなの買っておいた方がいいじゃない?」と、私をせっついてきます。

私だったら日本のおせんべいや、カントリーマアムみたいなおいしいクッキーの方が絶対嬉しいのに・・と思いつつ、ダンナに言わせると「そんな見慣れないものをあげても絶対喜ばないし、腹をこわしたときに、あの変なもののせいだ、と絶対に言われるから日本のものはやめろ・・」と。

まったく同意はできないけど、確かにあり得る事態だ、と妙に納得し、早速スーパーへ行き、上の写真のようにハリボとチュッパチャップス・ミニを買い、やる気まんまんで、訪ねてきたお子ちゃまたちが取りやすいようにと、わざわざカゴにまでいれ、達成感すら感じつつ、彼らの到着を待っておりました。

しかし・・・

あとは、みなさんのご想像の通り、夕方5時になっても、6時になってもだーれも来やしない。

しまいには雨まで降ってきて、こんな日に仮装してお菓子もらいにくる子供なんているのか??というような空模様にまでなってきました。しかし、「もうすぐ来るかもしれない」「あぁ、今年は、嬉しそうな子供たちの顔がみれるわ、きっと」なんて、わずかな望みを抱いて待っていましたが、時はむなしく過ぎて、時計をみると23時。。。

こねー--じゃん!!

というわけで、今年のハロウィン、初めてばっちりお菓子を用意してお待ち申し上げてましたが、かわいいお化けちゃんたちは誰もきませんでした。あー-ん、ふられた。。

残されたボンボンたちは、かわいくないうちの男どもが、カゴの横を通るたびに、一つずつ取っていき、みるみるうちに無くなっております。何のために買ったんじゃーい

どうして、どうして今年は来なかったの?? 来年はどうすんのよー-。と答えの出ない疑問が頭の中をぐるぐる回ったまま、今年のハロウィンは終わっていきました。

気持ちを切り替え、すこしでも気分を盛り上げようと100均で買った型をつかってハロウィンクッキー焼いてみた話に移ります。












ひさびさにのなちゃんとお菓子作りをして、楽しかった~。前は、毎月季節の行事にちなんだものを何か作ろ~!、と張り切ってたけど、最近すっかり熱が冷め、時間も無くなり。。でしたが、またちょっと火がつきました。

11月はこれといって行事が無いけど、12月はクリスマス~。次は何を作ろうか楽しみです。

このクッキー、食感サクサク、味もとっても美味しかったので覚書しておきます。
参考にしたレシピはこちら→サクサク☆基本の型抜きクッキー



材料:


プレーン生地
無塩バター 100g
粉糖 75g
卵黄(M) 1個分
薄力粉 165g
アーモンドプードル 30g

ブラック生地
無塩バター 100g
粉糖 75g
卵黄(M) 1個分
薄力粉 145g
ブラックココア 20g ← ブラックココアでやると真っ黒になり、よりハロウィンらしくなります!
アーモンドプードル 30g



作り方:私はフードプロセッサーでぶーん!とやっちゃいます。


①粉類とバターを小さくしたもの、粉糖をフードプロセッサーへ入れ、粉っぽさがなくなりまとまってくるまで、撹拌します。
②卵黄を入れ、しっかり混ざるまで、再度撹拌。
③取り出して、手で生地を切って、重ね、切って、重ねを10回くらい繰り返し、平らにしてラップをかけ、冷蔵庫で一晩寝かせます(時間がなければ短くても大丈夫。。と思います。
④取り出して、自分の好きな厚さに伸ばし、型で抜きます。
⑤オーブンシートを敷いた鉄板にのせ、180度で10-12分焼きます。



100均で買った型はこれ↓




お化けは2色組にしてがんばりました~



丸い型とお化けの型を用意して






丸いクッキーをお化け型でくりぬきます





ほんとは、全部の型やりたかったけど、他はみんな丸い型からはみ出ちゃう。。。なので、今回はお化けだけで。あとはチョコレートを溶かして、目と口を書いて。。組み合わせる作業はけっこう手間がかかって大変だけど、まぁ、見た目もかわいいし、満足。ただ最後の方は疲れてきて、よくわからないモザイクもどきクッキーとマーブルクッキーで〆ました。


Crepe

Crepe




来年は子供たち来てくれるかしら。。待ってると来ない、世の常ですね。



よかったら押してください。励みになります!



押して頂けると励みになります♪
人気ブログランキング




フォローしてくれると嬉しい♪






できたらこちらもお願いします!にほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村




フォローもしてくれると嬉しい♪海外さばいばる - にほんブログ村
更新のお知らせを受け取れます!




どーもっ!のなです。皆さんがジブリで一番好きな映画は何ですか? 私は断然ナウシカです!(トトロも好きよー)

  1. ナウシカ

  2. 耳を澄ませば

  3. 思い出のマーニー

  4. 千と千尋


ってとこでしょうか。(え?トトロどこ?ww)

ちなみに思い出のマーニー、私結構好きなんですが、娘ちゃんには受けが悪いです。逆に大人世代、お母さん世代の方がすきなんじゃないかと思います。マーニーと娘さんの諍いとか本当に胸が痛い。子供と完全に違う目線でみてるかも。

それはおいといて、モチーフとしてのトトロのかわいさはピカ一ですよね。それに作りやすいし。というわけでのトトロクッキーであります。アイスボックスクッキーなので、何回も部品を足しつつ、形を整えて冷凍したりして大変なんですが、出来上がってしまえば、切って焼くだけ。プレゼントしたりする日の前日までに準備して焼き立てをあげられたりもするので、簡単で好きです。
参考にしたのはこちらHidamari cookingさんのトトロアイスボックスクッキー

作ったあと、かわいーと自己満足に浸ってたんですが、あとで写真をみてなんか違和感。。。

何だろう。。へたくそなのはおいておいても、何かが違うような。。?



あっ!よく考えたらひげないじゃん。ひげを書き加えたら一気にトトロらしくなりました。でも写真に線で描くように、細いひげをチョコでかけたかどうかわからないんで、実際に書いてたらもっと変なトトロになってたかもしれません。



次は何つくろうかな?金太郎あめみたいなアイスボックスクッキーって楽しいですよね。

味ももちろんおいしかったです💛 (カロリーが怖いけどー)

 


Nona

Nona




とっとろー、とっとろー。と歌いながら作りました。そこだけ無限ループ ww



今週は銀ちゃんが段ボールが好きかどうかを検証した動画でーす。お暇な方はぜひかわいい銀ちゃんをのぞいてみてね♪

銀ちゃんかわえーと思ったら、チャンネル登録、高評価&コメントよろしくお願いします!

https://youtu.be/kuV8aro_7Nw

銀ちゃんがくるまでのストーリーも書いてます。

https://kaigai-jiyuujin.blog.jp/archives/13459664.html

よかったら押してください。励みになります!

 

 



こんにちは。PIROです。以前にもお話したことあるんですが、ここベルギーでは学校行事をしてそこで食事や、ケーキなどを売って寄付金を集めることがよくあります。そのほかにも、毎年あるのがタイトルにあるクッキー売り。

うちのとこでは小学校5年生と6年生は毎年臨海学校、もしくは林間学校に行くんだけど、なんと!子供たちにクッキー売りをさせて、それを資金の足しにするのです。

子供たちは、自宅用はもちろん、祖父母や親せき、親も協力して友達や同僚にクッキーを買ってもらったりします。

一番驚いたのが、「何とか学校の者です。林間学校に行く資金を集めてるのでクッキー買って下さい。」って知らない家にノックしていくんです!!日本の感覚からしたら、エー!!!こんなこと子供にやらせるの??

なんかいらないものを押し売りに行くみたいでちょっと最初はだいぶ違和感あったんですよね。でもご近所さんや同僚も慣れたもの。学校も、恒例だからよく準備されてて、こんな書類一式コピーして持って行くのです。








まず最初の書類、学校名と目的、買えるクッキーの種類が書いてあってこれを見せながら知らない人に説明。

で交渉成立となると、この書類、名前住所とクッキーの個数と種類を書いて控えを買った人に、自分もそれを持っておいて後に配達に行く。というしくみ。






見えにくいかな?受領書みたいなものです。



我が家にもよく、ガールスカウトだ、赤十字だ、なんだと。特に🎄近辺は子供が、クッキ-やら、ポストカードや、鉢植えなどを売りに来ます。どれもこれもその組織の運営だったりイベント費用集め。子供が来たらかわいそうで断れないし、でもどれもいらないものだし・・・みたいな複雑な気持ちと、これをやってる側になる時の、申し訳ないわ~の感じと。日本ではこんなのないですよね。

でもま、ここに何年も住んでみてると、こっちの人も慣れたもの。自分も同僚にクッキーやパンケーキ買ってと頼まれたり、玄関に売りに来たり。多分罪悪感も、恥ずかしさもないんだろうなぁと。

お国によって、いろいろ違いますよね。そういえば、アメリカにいたときは、高校生が、これまたイベントの資金集めの為に、車洗います!って看板持ってお客集めしたり、子供が公園でレモネード売ってたりしたなぁ。

日本ではきっと有り得ないよね。人に子供がモノ売ってるってなんか、周りの目がとか、恥ずかしいとかおもっちゃうんじゃないかなぁ。それか申し訳ないとか?いかがでしょう。ベルギーあるあるでした。


PIRO

PIRO




小学生で知らない人の家ノックして、説明してモノ売るって。。。

プレゼンの練習?wwなかなか日本じゃ考えられないと思ってしまう生粋の日本人母。これもクラウドアファンディングの一種かしら~?



 

♡♡↓↓↓↓下記のリンク↓↓↓ブログランキングもおしてね♡♡↓↓↓


人気ブログランキング

 

↑このページのトップヘ