4月なのに、24度?ここ数日お天気いいね。バーベキュー日和!!と言っていた翌週には雪が降る・・という寒暖差の激しい春休み中のベルギー。今週はちょうどこの時期らしい気温なのかな。

現地校は春休みでも補習校は新学期も始まり、引き続きオンライン授業です。日本語学習ネタをおひとつ。

作文はいつも四苦八苦


日本人学校補習校に通ってるうちの娘ちゃんたち。上から中3、中2、小5。

そしてこの娘っ子ナンバースリー、宿題やらせるのがもう一苦労!ナンバー1ナンバー2は比較的自分たちで計画してやるタイプだったけど、誰に似たのかこのナンバー3。その気にさせるのに、かーなーりーの時間と労力を要する。宿題やって!の一言で不機嫌になるわ、キレ出すわ、間違い直しに反抗するわ、まぁまぁの暴れん坊将軍っぷり!

さてさて、今回のは難関。俳句ですってよ。は、俳句??俳句ってどうやって教えるの?私だって書けないのに~。

では勇気を出して、はじめてみましょう。


まず5・7・5ってことは学校で習ってきたようです。

教科書にある有名な俳句も読んでます、小林一茶、松尾芭蕉・・・有名どころはカバーしているよう。(タダ!!ここ重要ですが。意味が、ニュアンスが、分かってるかは、大きく疑問!w)

題材は「冬」ですって。季語も入れて。

母:んじゃ5・7・5だって。どう思う?なんかある?

娘No3:雪が降ると・・・すごく寒いです?・・・あー!!5になれない、7じゃない!!

娘No3:ゆきだから、さむいですから、あそびます?

母:。。。う~ん、なんか違うんだよね。5,7,5だけれども!もう季語とかそう言う高度なことはいわず・・・う~ん。

母:です。とか、ます。とかさ、文にしなくていいんだよ。なんかさ、気持ちとかさ、印象に残ったこととかさ、そういう物から広げてさ・・・

娘No3:わかんないーーできな~~い!!(その気持ちはわかる!・・・でもしかし)

と序盤ですでにチョイ怒り気味。イライライライラし始めるナンバー3.

とはいってみても、母も教え下手だし、娘もなんせ日本語が不自由だし、なかなかぴんと来ない。。。。。そりゃそうだよねぇ。むずっ。






どうやって教えるの?う~ん・・・



→困った時のグーグル先生!


とりあえず “俳句、小学生” ググってみた。うん。でてきたでてきた、小学生の素晴らしい俳句の数々。いや、そうじゃない。

そこにたどり着くにはどうしたらいいのか教えて~!グーグル先生。

“小学生、俳句。教え方”ググってみた。

  • ステップ1、読んでみよう→うん、読んでみた。

  • ステップ2、作ってみよう→いやいやいやいや、展開早すぎ!


海外に住んでると、絶対的に日本語に接する時間が足りない、日本語のリズムやイメージや語彙が未熟・・・難しいなぁ。

とりあえず、

母:じゃーさ、見えたもの、聞こえたもの、触ったもの、におい、五感っていうんだけどさ、文じゃなくて単語で書いてみようよ!そうそう、ます。とか、です。とかじゃなくてさ。

母:なんかさー全部言っちゃうんじゃなくてさ、5感に訴えてきた物をつなげて、クイズ作るみたいな?うーん、わかるかな?わっかんないよねぇ?ママも何言ってんのか、わかんない。(笑)

母:とりあえず、冬って聞いて浮かんだ単語だけ書いてみよ。

娘No3:ん~~~さむい?雪降ったでしょ、雪だるまとかぁ、ほっぺが痛い、でしょ~、赤くなって痛いでしょぉ、雪のボール、雪合戦、靴下濡れた

母:で、何が一番楽しかったの?

娘No3:パパと作った雪ダルマ!で雪のボール押して大きい玉作って、重くなって、上に乗せるのが一番大変だった。

んじゃ、雪だるま、いっとこ。雪のボールでしょ。押すの大変だった。でしょ・・・とごちゃごちゃして、一句!結局どう教えるのが正解なんでしょう・・・
♫雪の玉 くるくる押して ゆきだるま♫



PIRO

PIRO




う~~ん、むずかしい。日本語教育・・・母がこれじゃそりゃ、わからないよねぇ。皆さんどうやってるのかしらん?



 


 


よかったら押してください。励みになります!