つい先日、朝起きたら母からこんなラインが入っていた。

「お父さんと離婚するかもしれません。お母さんが浮気をしているとの事で一緒に暮らせないとお父さんが言っています。」

え?  え??


80近い爺さまと婆さまの離婚? というか婆さんの浮気??? もう笑い話でしかない。

っていうか80で浮気できるくらいモテるんなら喜ばしい事だと私は思うが、父親からすると違うらしい。なぜならその数日後、父親からこんなメールが入っていた。

「お母さんの件です。以前より怪しいと思っていましたが近くの男性と長く浮気していました。昨日証拠を説明してお母さんは認めましたが、今日は否定しました。私が席を外した時携帯でお互いに愛してると言っていました。私は絶対許しません。お母さんは離婚届にサインしないようですが裁判にかけます。我々は離婚します。」

なんなのよーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!


海外在住の人たち、もしくは日本でも両親と離れて住んでいる人たちは皆同じだと思います。「すぐ駆け付けられない」ジレンマ。

https://kaigaisurvival.com/aging_parents_corona/3659/

幸いにも私には日本に住んでいる妹がいるので早速妹に電話。

もちろん妹も同様なメールをもらっており、早速現場へ確認に行ってくれた(ありがたや、ありがたや。。。)

妹は父親の様子を見てすぐに「ぼけた」と判断(なぜなら妹は既に義母で経験済)。速攻、病院(それも精神病院)への予約を入れる。もちろん予約を入れるまでに少々時間がかかったこともあり、その間も何度となくひと悶着が父親とあった。

 

さて、病院へ行った結果の父親の病名は「嫉妬性妄想

https://www.mcsg.co.jp/kentatsu/dementia/4812

色々調べると男性に多い病気らしい。認知症で出る場合もあるけど、若くても「嫉妬性妄想」になることもあるようだ。

歯磨き粉とケチャップを間違えるような認知症ではなく、下手したら暴力沙汰になる「嫉妬性妄想」。。ただでさえ父は昭和団塊世代な男!女は家にいて3歩後ろからついて来い!というような父であったが、さらにパワーアップ!

とりあえず妄想が止まらない父親は、離婚する!から別居に方向転換はしたものの、別居支度をし、少しの事で大声を上げ、母親が少しでも家を空けようもんなら浮気相手の所に行くのか!!!!と嫉妬の嵐の毎日だそうだ。。。この間なんかテレビに向かって笑っていた母に「今度から声を上げたらテレビを壊してやる!」と言ったそうだ。。母曰く「吐きそう」と。

やっぱりこのご時世、自分が歳をとっても子供たちが近くに住んでくれるとは限らない。ドラえもんのドアでも誰かが開発してくれない限り、やっぱり身内より近くの友人。そしてカワイイご老人にならないと、近くの友人も離れていくからカワイイ老人を目指さなきゃ🧡💛🧡

https://kaigaisurvival.com/cutebachan/9404/

 

そしてうちの妄想に狂っている父親は、母親が分からないように入れている医者から処方された薬(なぜなら父親は自分はまともだと思っているから薬は飲まない)を飲んでいるが、、、、今の所、まだ「別居」に向かって邁進中。医者曰く、薬が効けば別居とか言わなくなるらしいが。。。。「どうせなら別居か離婚しちゃえば?」と吐きそうな母親におススメしてみたが。

それにしてもなんよね。。。我が父ながら今までの彼の素行を考えると、率先して介護とか寄り添う気持ちとか出来ない今日この頃。。。こっちの老人ホームも少しでも暴れると薬漬けと聞いたことがある。日頃の行いって重要なんだよ、本当に。


ふぁりん

ふぁりん




高齢になっても子供の時と同じように「周りと仲良く」って大事なんだなぁと改めて思った。

周りと仲良く出来ないと、話し相手も出来ないし、遊びに行く友達もできない。



 


押して頂けると励みになります♪

人気ブログランキング






フォローしてくれると嬉しい♪






できたらこちらもお願いします!にほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村




フォローもしてくれると嬉しい♪海外さばいばる - にほんブログ村
更新のお知らせを受け取れます!