海外さばいばる in ベルギー

海外さばいばる歴うん十年のママ達が、日々ぶち当たるハーフっ子、ガイジン夫とのバトル、異文化の同僚や隣人とのコミュニケーション、はたまた日本語教育、欧州旅行、海外生活情報にいたるまで!海外でさばいばるするのに知りたいことから知りたくないことまで井戸端会議の徒然をつぶやくブログです

イギリス



どーもっ!のなです。3月下旬に海さば仲間のふぁりんちゃんとクレープちゃんとともに、イギリス湖水地方へ行ってきました!もともと一緒にヤマンバーズというハイキング同好会を作ってるんですが、今回はこのヤマンバーズの初海外遠征でございます。

行く前にネットで少し調べたんですが、あまり「旅行記」のようなブログが見当たらなかったので、参考になればと思い、私たちの旅行コースを書いてみようと思います!

湖水地方といえば。。。。もちろん

ピーターラビット!!!


というわけで、湖水地方旅行記のはじまり、はじまりー♪

まずは準備










とりあえず私の手持ちのピーターラビットを読んで予習です。皆さんはどのお話が一番好きですか?私はここにはないんですが、子猫のトムがもう少しでパイにされそうになったお話が一番好き💛

さて、湖水地方へはいろんな行き方があると思いますが、我々は安かったのでマンチェスターへ飛びました。 金曜日の朝9時に出発し、月曜日の朝9時に戻ってくる3泊4日の旅に決定。天気予報は毎日雨だったので(イギリスではめずらしくない)防寒と防水の準備も必須です♪



第一日目


今回は自由に動き回りたかったのでレンタカーで。

マンチェスター空港から予約していたレンタカーまではレンタカー会社のバスで「レンタカー村」へと向かいます。バス停は到着ロビーから外にでたところすぐ。レンタカー村には受付の建物があって、各レンタカー会社の受付をだしていてそこで手続きします。バスも10-15分に一本走ってるのでバス停でまってるだけでOK.空港から5分とかからないです。



ちなみに湖水地方へいくのならフルプロテクションの保険が高くてもおすすめ!湖水地方の道は細くてさらに柵がガリガリの石でできてるので、ちょっとでも当たったら車にはかなりの傷がつきそうです。なのに対向車はまったくスピード落とさずに突っ込んでくるので圧がすごい!そしてできるだけ小さい車を借りるのもおすすめ。マンチェスターから湖水地方のウィンダミアまでは約1時間45分のドライブ








最初に向かったのはもちろんピーターラビットの作者ビアトリクスポターさんのおうち、ニアソーリー村にあるヒルトップ!

GPSでHill Topといれて向かったところ、本当にただのHill Top(丘の上)につれていかれて呆然としたことをのぞいては問題なく到着。(<ー問題ありすぎ)

が、しかし、、、


なんとまさかの金曜定休。。 


みなさん、定休日はきちんと調べていきましょうね。。(ふつう調べるか。。)

そして、じゃ仕方がない、となりの素敵なホテルでアフタヌーンティーの写真が出てたし、アフタヌーンティでもと思ったら、なんと3時まで。その時すでに3時半。 ことごとくふられたので仕方なくホテルの横の道を下って湖まで散歩に行きました。



ちょうど水仙の季節でとってもきれい




人がいなくて静か!





羊のショーン知ってます? 黒い顔の羊さんがでてくるイギリスのアニメ。それにそっくりの羊さん、リアルショーンでテンション上がり中。



看板にもポターさんの絵♪




散歩コース



なかなかに素敵な湖のほとりを1時間ほど散歩し、予約してあったB&Bへと向かうことに。宿で荷物を降ろした後は、オレストヘッドというウィンダミアの高台に登ってきました。

オレストヘッド










夕食前にちょっと散歩をっていう事で、ウィンダミア駅の近く、ウィンダミアホテルの横の道にサインがあり、そこをずんずん上がっていくと、20分ほどで頂上に到着ー♪

どうですかこの眺め! 天気だったらもっときれいに違いない。ホテルのそばだったので行きやすかったです。







途中でなんと私の大好きな絵本グラファローのグラファローの銅像も!

テンションマックスでしたがふぁりんちゃんもクレープちゃんもグラファローしらないので、「え?これモンスターインク?」とか言ってました。(`へ´) 彡3

BBCのグラファローアニメがとってもいいんです!!








オレストヘッドの後は夕ご飯だよ





この日は疲れていたので近場のパブでごはん。

行ったのはホテルのすぐそばにある「Brown Sugar」というお店。ここで飲んだビールが最強においしかったです♪飲めない私もかなり飲んでしまった!(camden town pale ale)

タップからの生だからよけいにおいしいのかも。ハーフパイント頼んだらないっていわれたのでパイントで!

お店の外観もかわいくて、中もめちゃおしゃれなバーって感じです。本当はもっと伝統的にパブに行く予定だったんですが、ここが素晴らしかった!








このおいしそうなビールをみてください!


じゃじゃーん。


そして料理もおいしかったです♪



やっぱりフィッシュ&チップス




チキンシーザーサラダ



値段も良心的でした♪


Crepe

Crepe




ビールも料理もおいしかったけど、最強だったのはWIFI



「(ごはん)どうだった?」と皿を下げに来た店員さんに「Wifiがすばらしかった」とクレープちゃんが言い放ったのがこの日一番の笑いでした♪

ちなみに泊まったB&Bはこちら。





泊ったのはWindermere | RayriggVilla | Englandウィンダミア駅に近く、まわりにはレストランなんかもたくさんあります。

駐車場もホテルに3台ほどあるけど、出し入れしにくいのでホテルの前の道路に路駐するのがおすすめ。 線のないところなら無料でとめられます。(夏のハイシーズンは混んでるのでちょっと路駐はむずかしいかも?)








ホテルの外観の写真はとるのを忘れたんですが、中はこんな感じでラブリー。しかもオーナーの方がめちゃめちゃフレンドリーでよかったです。部屋の大きさや設備なんかは、まぁ、イギリスだな、という感じ。(狭くて古い)でもそれをおぎなってあまりあるフルイングリッシュブレックファースト!しかもフレッシュフルーツやヨーグルト、ジュースなんかもありました!

1日目サマリー



  • 11:00 マンチェスター空港到着

  • 12:30頃、レンタカーをピックアップして出発

  • 15:30ニアソーリー村に到着

  • 15:30ー16:30 湖のまわりを散歩

  • 17:00 ホテルに荷物を置いてオレストヘッドへ

  • 18:30頃 カフェで夕食。


予定がぜんぜんこなせなかったけど、とりあえずオレストヘッドに行けたし、ビールがめちゃめちゃおいしかったので

概ね良好💕

この日は20688歩、階数にして79階の運動でした♪


Nona

Nona




完全に準備不足でちょっと時間を無駄にしてしまったと大反省!計画は大事!





押して頂けると励みになります♪

人気ブログランキング






フォローしてくれると嬉しい♪






できたらこちらもお願いします!にほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村




フォローもしてくれると嬉しい♪海外さばいばる - にほんブログ村
更新のお知らせを受け取れます!



 



そう、あれは昨年末、国によって入国の対応が違う中、イギリスでの入国・出国の体験記を載せたのもつかの間。。。再度イギリスに行ってきました!

コロナと共存と政府が発表しているだけあって、イギリス人のコロナ対応の速さというのか、こちらがしり込みをしてしまいます。

もう入国に際して隔離もDay2テストもございません!

(ただしUK入国14日前までに3回ワクチン打っている人に限り)

https://www.gov.uk/guidance/travel-to-england-from-another-country-during-coronavirus-covid-19

マスクすら必要ありません!でもPLFは入国の際に必要です!

**3月18日にはPLFも無くなりました~。コロナ前と同じです。


日本パスポートなら、何も必要ありません!ワクチン証明すらも!


しかしマスク必要な国から来た私は、あまりのマスク人口の少なさに私の方が敏感になってしまいます。

ホテルの従業員はマスクをしていないので、レストランやバーで「え??飛沫入らない??いや、入ってるだろぉ~」とか

レストランでサーブする時にマスクしてないのが気になったり、、、私の方がこの2年間でだいぶ潔癖症になってしまったようです。








電車に乗るおじいちゃま・おばあちゃま軍団もマスクなし!

ま、確かに冬はマスクしている方が暖かいので私は好きですが、マスクに慣れてないこちらの人たちはマスクなしの方が良いんでしょうね~。



マスクはさておき、やっぱりロンドンってちょっとイケてる~と思うんですよね。

なんだろ?ベルギーと違ったデザインの可愛さが素敵だなぁーといつも思います。












お!そしてユーロスターのSt. Pancras駅入口から歩いて行ける距離に杵屋麦丸さんを発見!

前回行ったときは時間がなかったので発見できませんでしたが、今回は食べてきました~。

















今度はテイクアウトしてベルギーに持って帰ろーっと。

つゆモノのテイクアウトを持ち帰ることが出来るのは飛行機ではできない技。電車の良いところ😊

 

ちなみにベルギーのコロナ対策も緩和です。

ベルギーへの入国も変更!ワクチン打っている人は基本、隔離もテストもなしです

でも時々ルール変更するので確認くださいね

さらに3月7日より病院・公共交通機関以外はマスク必要なし!

レストランでのCovid Safe ticket提示もなくなります。

うちの会社なんてさっそく「本日より社内でのマスクは必須ではなくなりました」メールが社員に送られてきた次第。。。


ふぁりん

ふぁりん




UKやるなぁ~と思ってたら、ベルギーも思いっきり緩和。

フランスもだそうです。

ワクチン証明が必要なのはとりあえず海外に出るときということでしょうか



♡♡↓↓↓↓下記のリンク↓↓↓ブログランキングもおしてね♡♡↓↓↓



こんにちは!なかなかコロナの影響で旅行もできない昨今。せめて楽しかった旅行をこ懐かしく回想中~

♡ハリポタ大好き♡


大のハリーポッターファンの我が家の娘たち。文庫本も、映画のシリーズも「えー、まじ、またそれ見るの~~、じゃママは二階行くわ」ということがしょっちゅう。映画の全シリーズを繰り返し繰り返し見ているのです。(ちなみに、母は未だに一回も見たことないですw)。

三女に至ってはハリ-ポッターきっかけで、ハーマイオニーになりたい!と言いだして、とうとう将来の夢はハリウッド女優!と芸能活動始めましたw

そうだ、ハリポタスタジオに行ってみよう! ということで友人家族と一緒に、ハリーポッターファンならもれなく楽しい!!ロンドン近郊のハリーポッタースタジオに行ってみることにしました。

全行程、車で行けるのよ~だって。


ほー、ほー。グーグル先生によると、家からは目的地まで4時間38分、383キロの行程。早朝まだ暗いうちに車で出発!そうなんだって。海渡って車でいけるんだって。まずは高速道路を1時間45分フランスのカレーCALAISという港まで。一応そこの入国管理局を通って

















英仏海峡(ドーバー海峡)を鉄道用の海底トンネルで渡ります。車ごとフェリーに乗ったことはあるけど車ごと電車に乗るのは初めての体験。電車内約1時間。なーんもない。ただずらーっと縦に車が並んでいるだけ、あとは何両毎かにトイレがあるくらいで面白味ゼロ。

 

イギリス到着





イギリスに入るといきなり、車もいつもと反対の(といっても日本と同じ側)左側走行。








ベルギーの高速道路が無料に慣れてたけど、UKは高速料金ありなんだって、友達に聞いて知ったし。しかもこれはそこを通ったらウェブサイトで後払い。忘れると罰金なんだって。そんなの外国語で書いてあるし知らないと、払い忘れるよ~、こわっ!

車でまた1時間半くらいでスタジオに到着。https://www.wbstudiotour.co.uk/

 

















気合を入れて出てきたので、まだ開場前についちゃった。子供たちとぱちぱち写真をとって。もう、ハリーポターファンにはたまらない撮影シーンのセットの数々。

 








見学順路にはハリポタクイズのヒントをもとに隠されたオブジェを何個見つけられるか!みたいなゲームをしながらスタジオ見学を進めたり、アトラクションがあったり。








そりゃもうハリポタファンじゃなくても楽しみながら何時間でもいられました。


































 

締めは、テーマパークならではの・・・散財w


最後にカフェで映画にも出てくるバタービールとやらを飲んで(これはまずかった!)楽しみにしていたお土産ショップ!





開店前がらがら。でも見学後に行ったらめちゃ込みで入場制限もあるほどに。








 

もちろん、魔法の杖をかって、マグカップを買って、文房具やらバックやらTシャツやら、散財して帰ってまいりました。超大満足のスタジオツアー。ハリポタファンにはお勧めです。

ハリポタゆかりの地巡り、ロンドン市内ツアー


翌日はハリーポタゆかりの地を巡るツアーに参加しました。ガイドさんが出すハリポタクイズに答えながら、ロンドン市内を2時間ほどぐるぐる歩いて回る。これまたとっても楽しい体験でした。ストロベリーツアーといって、気さくなガイドさんがボランティアでやっているんだって。ツアー料金は無料、だけど最後にみんな感謝の気持ちをチップでお支払いするようになっていました。

https://strawberrytours.com/london/tours/free-harry-potter-tour

















日本にもとしまえんの後にハリポタテーマパークができると聞いて、今からオープンが待ち遠しいです!


PIRO

PIRO




早く自由に旅行に行けるようになりますように~!!



 

↑このページのトップヘ