海外さばいばる in ベルギー

海外さばいばる歴うん十年のママ達が、日々ぶち当たるハーフっ子、ガイジン夫とのバトル、異文化の同僚や隣人とのコミュニケーション、はたまた日本語教育、欧州旅行、海外生活情報にいたるまで!海外でさばいばるするのに知りたいことから知りたくないことまで井戸端会議の徒然をつぶやくブログです

フランス



日本から来た友人の娘が「パリにいきた~い!」との希望で久しぶりのパリ旅。

まず私の中の「パリ」って

1.いけ好かないパリ人が多い。

レストランでも態度が横柄。いけすかん!さらに最近は英語を話してくれる人が多くなったが、以前はしゃべることが出来るのにフランス語で通すパリ人が多かった。

2.スリ、ひったくりだらけ。

地下鉄で盗まれ、レストランで盗まれ、歩いている時にもひったくられ、車で行けば車の窓を割られ、、、という話をうじゃうじゃ聞く。

 

美味しいご飯や美しい美術館があるのは分かっていても、「パリに行きたい~」と思う事ができないこのネガティブな事実。しかし、いたし方あるまい。。。。。カワイイ年頃の女の子が「パリにいきた~い!」って言ってるんだから付き合ってみるか。

ということで、まずはPiroちゃんの情報を元に私もマレ地区に宿を取った。それもルーブルの近くに値段もお手頃なホテルを取った。これは大正解!

https://kaigaisurvival.com/trip-paris-teenager/7300/

 
私がパリに行くまでにしたこと(ホテル予約以外で)

1.スケジュールを元にチケットを取る

コロナ以降、どこもかしこもネットで事前にチケットを購入するのが主流になった今、事前にチケットを取っておかないと「満員で入ることが出来ない」とか「長蛇の列に並ばないとチケットが買えない」という現象発生。

ということで大体のスケジュールを組んで、どうしても行きたい所は事前にチケットを購入することが大事!

凱旋門エッフェル塔ベルサイユ宮殿ルーブル美術館ピカソ美術館、もろもろネットで探してみてね。

**エッフェル塔なんてチケット買っていても長蛇の列!ご注意を!

 

2.移動手段を考える

今回はボートタクシー(?)を利用。これまたネットで事前に買うと1ユーロ安くなった!さらに観光船と違ってガラス張りのボートだから外は良く見えるし、寒さ対策にも!!!冬は有難い~。さらにスリ確率も地下鉄よりは低い!








エッフェル塔からの最終便が19時発だったので、ライトアップも船から💛

さらに今はオリンピック前なのでカウントダウン時計もあった!

映えるぅ~~



https://www.batobus.com/en/parcours

 
そして映えポイント

どこもかしこも「なんかオシャレ~」なパリ。

まぁ~もちろんそうよね。Piroちゃんも書いてあったけど、今どきの若い女子達は「映えポイント」「インスタ映え」「映えない」が!らしい。。。。うちにはキラキラ女子がいないのでとても新鮮💖

















映えを追及すると、ポーズ、顔の角度・向き、洋服、撮影角度、背景、、、もろもろあるという事が分かった。

ご本人からアップの許可を頂いたので3パターンどうぞ!

しかし何って、まぁああああああ~~~観光客が多い事多い事!!!!撮影をするにも人をかき分けかき分け。さらに来年のパリ・オリンピックに向けてなのだろうけど、あちこちで改装中。

 
カフェ・ガトー(お菓子)、パフューム(香水)、もろもろ




Cafe de flore

高級老舗カフェ。ピカソ、イヴ・サンローラン等が通っていた。

私たちは9時頃入ったので並ばなかったけど、出るときには長蛇の列!











アンジェリーナ

モンブランで有名らしいけど、私はいまいち。。。モッタリしすぎで1つ全部は食べられない感じ。ピスタチオ(緑)のモンブランも頂きましたがゴメン!無理

ここもレストランの列は長蛇!なのでケーキだけテイクアウトして公園で食べました。











ラデュレ

まちがいない!ラデュレ。

賞味期限が4日と言われたけど、UK、日本にもお店ありますよー。











フラゴナール(香水)

日本にお店は今はないとの事。シャンゼリゼ通りにあるゲランにも行ったけど、私的にはこっちの香水の方が好き。

ネットでも買えまーす。











Officine Universelle Buly

香水、ボディークリーム等。私は知らんかった!このお店。

日本には沢山ショップがあるみたい。

友人娘曰く「伸びが良い!匂いが良い」








もっともっと沢山見に行くところ、食べに行くところ、ショッピングするところがあるので見つけてみてね~。

 


ふぁりん

ふぁりん




来年はパリ・オリンピックで人も多いと思うし、もっと観光客も多くなりそうだからあと1-2年行かなくてもいいかな(笑)





押して頂けると励みになります♪
人気ブログランキング





フォローしてくれると嬉しい♪







できたらこちらもお願いします!にほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村





フォローもしてくれると嬉しい♪海外さばいばる - にほんブログ村
更新のお知らせを受け取れます!





アルザス旅行中、クレープちゃんが日本でも有名らしいジャムを買いにフェルベールさんの店に行きたい、と行ったとき、ダイエット中でそんなにジャムを食べない私は「へー、まぁいってもいいよ」ぐらいな態度でした。


それが店に言ったとたんにテンション爆上がり!、結局誰よりも買ったという。。。だって。このジャムの山!誰だってテンションあがるでしょー♪



試食をさせてくれるらしいとどこかのブログにありましたが、とてもとても、そんなひまはなさそうなほど人でこみあっていましたよ。 みなさん、お目当てのジャムが決まってるらしく、ささっととって、箱買いしておりました。。すごい。。日本でも有名みたいですね。ここではひと瓶7ユーロですが、日本では2000円以上するとか。。まぁ、輸送費もかかるからしかたないか。


そんなところであーでもない、こーでもないと迷ってた私たちはかなり邪魔だったかもしれませんが、店員さんはとってもフレンドリーですてきなお店でした。


フェルベールさんとは誰ぞや?


クリスティーヌ フェルベールさんはアルザスの村でジャムを作っている方ですが、あまりのおいしさと組みわせの天才的さに、「コンフィチュールの妖精」と呼ばれているお方です。


おうちは祖父母の代から続くパティスリー。そこを継いだクリスティーヌさんがある日出したジャムがおいしいと評判になり今にいたるそう。フルーツのカットから瓶詰まですべて手作業でクリスチーヌさん達がやってるんだそうです。


フェルベールさんのお店はどこにある?


コルマールから車で20分程度のところにあるニーデルモルシュヴィル村にあります。あんまり観光地化していない静かな村ですが、お店のまわりだけすごい人!


・住所:18, rue des Trois Epis 68230 Niedermorschwihr
・電話:+33 (0)3 89 27 05 69
・URL:http://www.christineferber.com/

村も他の有名な村にまけないくらいかわいいです。駐車場が小さめなので駐車には少し苦労するかもしれません。










アルザス旅行の記事はこちらもみてね


https://kaigaisurvival.com/alsas/11644/


フェルベールさんのお店


こちらがお店になります! とにかくみんな箱買い!でっかいバスケットもってきて大量購入派ばかりでした。私たちみたいに観光客というよりは、もうここのジャムの大ファンなんだろうなー。


ちなみに私も今度いったら箱買いですよ!




お店の外観




ケーキがめちゃめちゃおいしそう~






アルザスの陶器も売ってます。




お惣菜もおいしそう。




ここからは私たちが実際に買ったジャムをご紹介します。まだあけてないのもあるので、開け次第随時追加していく予定です💛


ラズベリー&マダガスカルバニラ




これはもう私のイチオシ。


口に含んだ瞬間広がるフルーツの味。もうまさに天才、コンフィチュールの妖精!!!ってさけびそうになった!甘すぎず、バニラもつよすぎず、ラズベリーのフレッシュな感じがたまらない💛










ふだん、ジャム食べなくてカビさせる私が2週間でたべきりました♪体重ふえたけど。。



パッションフルーツ










こちらはふぁりんちゃんが購入。




ふぁりん

ふぁりん



さわやかでおいしかったです。






 




ココナッツ、オレンジ&ラム


こちらはほかのと違ってもっさりした感じのコンフィチュール。フルーツの組み合わせが天才的!ってかいてあったので、ちょっといろいろ組あさってるのも食べて見たくて買ってみました。


オレンジの苦みが少しと、ココナッツのもったり感、そしてラムがめっちゃきいてる!これはおこちゃまにはむりですね。どちらかとうとクリームチーズと合わせてワインのお供にしたい感じでした。


ココナッツの繊維は感じなくて、ちょっと南国の香り風なのでココナッツが苦手でも行けると思います。













 


日本ではどこで買える?


ちょっと調べてみたけど、専門のお店はないみたいですね。伊勢丹あたりで買えそうですが。。


https://www.mistore.jp/store/shinjuku/shops/foods/epicerie/ferber/about.html


フェルベールさんについての詳しい記事はこちらが参考になりました!


https://parismag.jp/life/19795


 


 




Nona

Nona



早く他のも食べたいけど、いっぺんに開けるとさすがに食べきれないのでがまん中。




 




押して頂けると励みになります♪人気ブログランキング




フォローしてくれると嬉しい♪






できたらこちらもお願いします!にほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村




フォローもしてくれると嬉しい♪海外さばいばる - にほんブログ村
更新のお知らせを受け取れます!





どーもっ!のなです。 クレープちゃんの「ハウルの動く城」で有名なコルマールに行ってみたい!という一言ではじまったアルザス旅行計画。アルザスの入り口?ストラスブールまではベルギーからなんとたったの4時間半と意外と近いんですよね。

すでにこの旅行に関して、ワインの試飲とアルザスの飾り窓の記事があるのでよかったら併せて読んでね!

https://kaigaisurvival.com/cutewindow/11561/

https://kaigaisurvival.com/francedomain/11592/

あいかわらずのつめこみすぎ旅行となりましたが、どの村もxx年にフランスで一番かわいい村一位、みたいになっていて、どこも外せない! かなりつめこんだものの行けなかった村もあります。

今回は大まかな街の様子を書いていきますね。

旅程


1日目:ブリュッセル(8:00出発)→ストラスブール→オー・ケニグスブルグ城→コルマール

2日目:ニーデルモルシュヴィル→エギスハイム→カイザーベルグ

3日目:リクヴィール→ブリュッセル着(19:00)

行きたかった村はほかにもあるけど、とにかくここだけは外せないっ!という村たちです。

ストラスブール STRASBOURG


アルザスの玄関口、ストラスブール。国語の教科書にのってた「最後の授業」で有名だよねーっていったら誰も知らなかったっていう。。。なんでだ?関西と関東で教科書違うの?

ストラスブールはほかの村に比べるとかなり大きな「街」見どころは「プティット・フランス」と「ノートルダム大聖堂」!

プティット・フランス














城壁に木組みの家々が連なる川沿いの素敵なエリア。旧市街の南部にあります。川沿いには素敵なカフェやお店、アイスクリーム屋さんなんかがあってなかなか先に進めません♪

暑い日も川沿いなのでとっても気持ちがいいです。

ノートルダム大聖堂










ストラスブールに入るとすぐに目に入ってきます!400年近くをかけて完成された142mの建築物です。めずらしい色の壁はこの地方でとれる赤砂岩が使用されてるとの事。一番奥にある「天使の柱」と呼ばれる天文時計は必見です!すごい行列ができてたので、チケット買う列かな?と思いきや、ただ中にはいる列でした。ただ入ってしまえば、そこは大聖堂!混雑感もなくゆったりと楽しめました。



今回は時間がなかったので屋上へはいきませんでしたが、時間のある方はぜひ322段の階段を制覇してステキな景色をみてみてください。入口は聖堂をでた左にあります。
Cathedrale Notre Dame de Strasbourg, Place de la Cathedral, 67000 Strasbourg
入場時間:8:30~11:15、12:45~17:45


















ストラスブールではアルザス地方の名物をたくさん食べたんですが、それはまた別記事で!

オー・ケニグスブルグ城 Haut-Koenigsbourg




ストラスブールを出て、コルマールへ向かう途中に寄ったのがここ。オー・ケニスブルグ城。 アルザス3回目の私も今までノーマークだったお城ですが、なんと聞いてい見ると、ヴェルサイユ宮殿、エッフェル塔、につぐフランスの3大観光名所なんだとか! 知らんかった!

GPSにつれられ六甲山かな?と思うような山道を延々登って行ったところにあるこの建築物。標高755mに建つ立派な城塞です。こんなところにこの規模のお城を17世紀にたててたって信じられます?

30年戦争で破壊された後、20世紀の初期にドイツの皇帝によって再建されたにもかかわらず、第一次世界大戦後にフランス領となったそうです。

外観はアルザス特有の赤い壁。中には大砲や貴族の部屋、鎧なんかもよく保存されていてかなり楽しめます。 なんせ標高755mなので眺めも最高!

駐車は城にいく道すがらに路駐できるようになっていますが、一方通行なので、あまり近くに止めようとして城に到達してしまうと、今度は下り一方通行でもどれなくなるかも? 私たちは早めにとめてしまったので、城まで1キロくらい坂をあがりましたが、とめられなくなるよりはいいかも!?

コルマール COLMAR


そしてやっと今回の宿泊地コルマールに到着。ここを起点にいろいろな村を回ります。ついたのは夕方だったんですが、5月の連休にいったこともあってか、レストランはどこも予約でいっぱい! 夕食難民がレストランに入っては断られて出てくる、、、っていう光景がそこら中でみられました。かくいう我々も夕食難民、、どうやらこの辺のレストランは回転させる気がないらしく、外でまたせてもくれないんですよねー。 というわけで皆さんはぜひ予約してください!

夜のコルマールもすてき💛












ハウルの城のモデルになっているのがコルマールって全く知らなかった私ですが、確かにここ、同じですよねー。ハウルは大好きなのでちょっとうれしい。












ニーデルモルシュヴィル NIEDERMORSCHWIHR




ニーデルモルシュヴィルは観光客に有名な「かわいい」村としていったわけではないんですが、いってみるとなんとまぁかわいいこと!それに観光客も少ないし、ワインの試飲ができるところもあるし、なかなかの時間を費やして私たちでした。



かわいい三差路




この街に来たのはこの店に来るため!



そう、この村へ行った目的はこのフェルベールのジャムを買いに行くため!フェルベールのジャムってなんぞや?と思った方、別記事を書く予定なのでお楽しみにしていてください!

街の中に小さい駐車場がひとつあるだけで、観光目的じゃないここはちょっと駐車がむずかしいかもです。私たちは朝いちばんに行きました。

エギスハイム EGUISHEIM




上の写真、コウノトリが巣を作ってるの、わかりますか? アルザスのシンボルコウノトリ。 よく絵葉書にこういう絵があるは知ってたんですが、初めて本物の巣をみました! えー。本当に作ってるんだ!と感動。コルマールとかほかのところでは見なかったんですが、ここエギスハイムにはいくつもコウノトリの巣がありましたよ!それにちゃんと巣がつくれるような土台も屋根にとりつけてあって、村全体でこうのとりを大事にしてるのがよくわかります。



エギスハイムの印象はひとことでいうと迷路みたい。他の村がわりとわかりやすいのに比べて、こちらは小道がいりくんでいて、そこにかわいい建物がいっぱいという感じで、まさに夢の国。 泊まるんならこんな村に泊まるのもいいなー。













駐車場は大きいのがありますが、観光シーズンはすぐにいっぱいになります。



村の中心の泉




入り組んだ小道



ここがエギスハイムで一番かわいい場所?この家、住めるのかな?



ここ、泊まれるらしいよ?? とまってみたいよねー。



ここではチーズやサラミの試食をたくさんしました!そして当然買ってきたんですが、おいしいからと次から次へと買ってたらけっこうな代金に。。。とほほ。

カイザーベルグ KAYSERSBERG




カイザーベルグの印象は開けた感じ。一本の大通りの横にお店が並んでいるという感じ。他の村が細い路地で迷路みたいになってるのと比較すると、ここはなんとも歩きやすい感じです。

そしてもちろんここに来たら城にのぼるしかない!ちょっと大変だけどいってきました!



あの城に登るよ!




景色最高











ここで試飲したMuscatのワインが本当においしかったです!

BIOのワインだそうで、とってもフルーティな香りがしました!

 



リクヴィール RIQUEWIHR


ここも本当にかわいい街!グルメの街としても有名なようで、日本人シェフの和牛レストランや、いろんな高級レストランがありました!













ワインの試飲や、ワインの値段も他のところと比べるとちょっとお高め。。。でも城壁やたくさんのお店、ワイン畑を歩く散歩道と、ここにとまるのも悪くないなーとおもいました!



街のはずれからブドウ畑に方へ登っていくとこんな素敵な景色が見られます。観光ミニトレインも走ってるので、そちらを利用してもいいかもしれません。

 

 


Nona

Nona




というわけで駆け足でご紹介しましたが、みなさんはどの町が好きですか?



 


押して頂けると励みになります♪人気ブログランキング





フォローしてくれると嬉しい♪







できたらこちらもお願いします!にほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村





フォローもしてくれると嬉しい♪海外さばいばる - にほんブログ村
更新のお知らせを受け取れます!





 

 

 

 



きゃわいすぎる~~~!!!!!

ここ好きぃ~~!!!!とおばちゃん軍団がはしゃいだ可愛い「飾り窓」たち。

そう、フランスColmarを拠点にした旅で出会った可愛い飾り窓を紹介したいと思います~。
第1位:RIQUEWIHR

飾り窓でいえばここがダントツの1位!(あくまでも私基準)

まるで夢の国。遊園地に来たのか??町に条例でもあるのか???と思うくらい窓が素敵に飾られている町でした。

















どれもこれも素敵でかわいい!

城壁内は小さな町だけど、どれも夢の国のようなキュートな飾りつけ。

 
第2位:EGUISHEIM

ここはRIQUEWIHRのような窓のデコレーションはあまり見かけなかったのですが、バラがすばらしい!

ほぼどの家の入口や窓に、赤、黄色、紫、ピンクなどのバラが素敵に咲きほこっていました。












みなさん、素敵に手入れしてますよね~

 
他:コルマール他

コルマールももちろん素敵だったけど、近隣の小さな町の昔の姿が残っている建物たちに感動。木の枠だったり、入口が小さかったり、素敵な飾り窓があったりと散策するだけでもウキウキしてしまう町たちです。

























お茶屋、雑貨屋、

ワイン屋、一般のおうち

みんな凝ってます~








Colmarに行ったついでに近隣の町も散策してみては?

 


ふぁりん

ふぁりん




おばちゃんもカワイイが好き!

こういうメルヘンな町にいると癒されるぅ





押して頂けると励みになります♪人気ブログランキング





フォローしてくれると嬉しい♪







できたらこちらもお願いします!にほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村





フォローもしてくれると嬉しい♪海外さばいばる - にほんブログ村
更新のお知らせを受け取れます!






さぁ!!今回は白ワインの旅

 

白ワインで有名なアルザス地方(ちなみにシャンパンはシャンパーニュ)に行ってみませんか?ベルギーから車で約4時間、ストラスブールから南に行った所に素敵なブドウ畑が広がっていますよ~。



”Domaine”で検索するとワイナリーを見つけることができます。

地図で確認しても沢山あるワイナリーですが、車でアルザス地方を走っていれば「ouvert=開いてます」という看板が出ているので「良いですか?」と勇気を出して聞いてワイナリーに入ってみるのはどうでしょう?

















テイスティングにはお金を払うテイスティングと、お金は払わないテイスティングがありますので入口で確認してみてね。

















今回、海さメンバーで行ったのはNiedermorschwihr、Kaysersberg 他、途中「お!良さそう」と入って行った所もあります。

Niedermorschwihrで入ったワイナリーが一番印象的でした。とても家族的というか、、

入った途端「え?家族の集まりなんかしてます?」って感じでご主人がラベルの付いてないワインたちから「これはMusucat、これはPinot noir、、、」と試飲させてくれた技にはビックリ!

RIQUEWIHRはちょっと全体的にお高めだったので止めてしまった。あとテイスティングにお金を取るところは行きませんでした。

ふふ、、、主婦は財布の紐は緩くないのよ。

 


ふぁりん

ふぁりん




車でワイナリーを回る場合にはワインの飲みすぎにご注意を!

テイスティングは全部飲まなくても大丈夫ですよ。

ワインを捨てるポットが置いてあります。





押して頂けると励みになります♪人気ブログランキング





フォローしてくれると嬉しい♪







できたらこちらもお願いします!にほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村





フォローもしてくれると嬉しい♪海外さばいばる - にほんブログ村
更新のお知らせを受け取れます!




↑このページのトップヘ